子育ての評価 自分評価のススメ - 女性のキャリア・仕事と家庭 - 専門家プロファイル

宇江野 加子
スロータイズ 出産・育児期女性の為のキャリアカウンセラー
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子育ての評価 自分評価のススメ

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 女性のキャリア・仕事と家庭
子育て期を楽しむシンプルな方法 自己肯定感向上

 

子育て中の皆さん、今日も子育てお疲れ様です!

本コラムをお読み頂き誠に有難うございます。

 

今日は“子育ての評価”について書かせて頂きます。

 

子育て中の方から

「子育ては評価されない」

「もっとちゃんと評価してもらいたい」

という声をよく聞きます。

 

評価されるととても嬉しいですね。

仕事で成果を出すと会社から評価され、報酬が得られます。

学生時代であれば勉強を頑張れば「成績アップ」につながり「評価」されました。

 

頑張ることはとても大切なことです。

 

でも、周りの人からの評価の為に頑張らなくていいのです。

ぜひ“自分評価”のために頑張ってみてください。

 

例えば

「ママ1年生は、赤ちゃんのお世話を、滞りなく出来たらOK!」

「ママ2年生は、イヤイヤ期のイライラを耐えているだけでママ合格!」

「ママ3年生は、(子供が)自分のことを自分でしようという意欲をサポート出来たらいい!」

「ママ4年生は、(子供が)心身ともに健康ならそれが一番!」

「ワーママは、仕事も子育ても頑張る日々を送れたら合格!」

「専業ママは、毎日寝る前に大好き!って言えたらママ合格!」

などなど。

 

評価されることに慣れている私達ですが、

そもそも、子育ては成果や結果を出す為のものではありません。

プロセスそのものを楽しむものなのです

楽しむ行為――それはあくまで「主観」です

だから、子育ては自分評価でいいのです

 

少し飛躍しますが、

以前、ある海外の文化を伝えるテレビ番組で

香水を作る事を家業にしているご家庭では、子どもにキャベツを一切与えないということを伝えていました。

他の野菜に比べてキャベツは匂いが無いので、嗅覚を鍛えるのに良くないという理由だそうです。

 日本では、子どもにキャベツを一切与えないなんて、食育の観点から批判を受けそうですね。でも、その香水業のご家庭の子育てでは「嗅覚を鍛えることを優先する」という“自分(ご家庭)評価“が優先されているのです。

 もしあなたが、「立派な母親」に思われるように言動に気を配りすぎたり

「いかに自分が頑張っているか」を強調しすぎたり

自分が高い評価を受ける為に、子どもに「理想の子ども像」を強要することがあったら、それは評価を求めすぎているということです。

 

繰り返しになりますが、子育ては自分評価でいいのです。

「私が頑張っている事は私が一番よく知っている」と自信を持って

「○○を△△している私はエライ!」

と日々育児を頑張っている貴方自身を賞賛し続けてみて下さい

 

そうする事で自分の子育てに自信を持てるようになり、

人の評価が気にならなくなりますよ

  

子育て期の貴方の参考にして頂けると嬉しいです。

 

もうすぐゴールデンウイークですね。

どうぞ楽しくお過ごしくださいませ。

 

☆ 出産・育児期女性の「私らしく」応援マガジン発行しています☆

  http://www.reservestock.jp/subscribe/6669

 

☆ 出産・育児期女性のためのキャリアカウンセリング スロータイズ ブログ☆

  http://slowties.blog.fc2.com

 

☆ フェイスブックやってます ☆ 女性の方は、リクエスト歓迎します。

  http://www.facebook.com/home.php#!/slowties

 

☆ ツイッターやってます ☆ 相互フォロー歓迎です。

  https://twitter.com/uenokako

このコラムに類似したコラム

指導者の役割 竹内 和美 - 研修講師(2013/07/14 16:23)

ワーママが感謝すべき人 藤崎 葉子 - キャリアカウンセラー(2012/10/24 10:13)

父子家庭に対する児童扶養手当 福井 真紀子 - 転職コンサルタント(2012/04/24 19:00)

今の自分は、どこに立つのがよいのでしょうか? 竹内 和美 - 研修講師(2014/11/08 10:40)