自分の右腕となれるリーダー育成 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の右腕となれるリーダー育成

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はリーダー育成についてのお話です。

最近再び「リーダー育成」が注目を浴びています。

若手社員の仕事に対する価値観の変化、雇用形態の多様化、人材のグローバル化など、一昔前と比べて、働く環境が大きく変化しています。

その一方でスピード経営、株主などステークホルダーからの厳しいプレッシャー、競争のグローバル化など、経営環境の厳しさは増すばかりです。

どのような状況においても、「ヒト」という経営資源を有効活用し、着実な成果を出すためには、優れたリーダー人材が必要であることに企業は気付き始めています。

この「リーダー育成」というテーマは、経営資源に制約の大きい中堅・中小企業にとって、企業の存続に関わる重大な問題であると認識すべきです。

特に近い将来、経営者に就任することが既定路線となっている「次世代経営者」は、すぐにでも対処すべき問題であると認識すべきです。

自分が経営者に就任した際に、自分の右腕となれるリーダーは必要でしょう。腹を割って話し合い、自分の考えを共有できるような同世代もしくは下の世代のリーダーだと自分も動きやすいですよね。

自分の右腕となれるリーダーを計画的に育成する。次世代経営者にとって重要な仕事の一つです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)