有効な遺言にするためには、一般にどのような条件を満たさなければなりませんか? - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年03月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

有効な遺言にするためには、一般にどのような条件を満たさなければなりませんか?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

遺言には、普通方式として自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあり、特別方式として死亡の危急に迫った者の遺言、伝染病隔離者の遺言、在船者の遺言、船舶遭難者の遺言、の4つがあります。遺言は以上のいずれかの方式に従ってなされなければなりません。

いずれの方式をとるにせよ、遺言者が遺言をするときに遺言能力を有していることが必要です。遺言能力とは、遺言の内容を理解し、遺言の結果を弁識しうる意思能力をいいます。遺言作成時にこの遺言能力がなければなりません。

また、15歳以上でなければ遺言はできません。

このコラムに類似したコラム

公正証書遺言とは何ですか? 東郷 弘純 - 弁護士(2013/05/11 14:00)

遺言にはどんな種類がありますか? 東郷 弘純 - 弁護士(2013/05/09 10:00)

無効な遺言の死因贈与への転換 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/22 16:33)

【公正証書遺言サンプル】 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/22 15:00)