「SE構法の平屋建てコートハウス」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

清水 康弘
株式会社参創ハウテック 代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「SE構法の平屋建てコートハウス」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
家づくり

 SE構法(重量木骨の家)で建てた平屋のコートハウスが竣工しました。
 昨日間隙をぬって見学して参りましたが、とても気持ちの良い家に仕上がっていました。

 この家は完全にロの字型で、建物の中央に庭を配置し、それぞれの居室がその庭を取り囲むように配置されています。
 道路が建物の北側にあることから、北側を閉じて採光や通風を上手にとり、さらに暮らし方の事情などからこのような建物になりました。
 中庭に面する部分のほとんどは開口部になっていますから、耐震等級を求める上でSE構法を採用した訳です。

 お客様は大手ゼネコンの設計部にお勤めの方で、弊社とのコラボで完成した建物と言えると思います。

※コートハウスの意味
 建物や塀で囲まれた中庭(コート、パティオ)をもつ建物、住宅のことで、中庭は、外の空間から完全に遮蔽され、プライベートな空間でありながら、半ば戸外空間でもあり、採光や通風を確保することができる住宅を総称しています。
 当然防犯上も、メリットのある様式とされています。
 ヨーロッパの都市にはよくみられるスタイルで、建築物が密集していて、開口部が取り難い場所ではよく大規模集合住宅に採用され、形態からいうと、ロやコの字型、あるいはL字型などの選択肢があります。
 また坪庭をもった住宅などもコートハウスと呼ぶことがありますが、コートハウスという名称は国内でのみ通用するもので、英語表記での「コートハウス」=Courthouseは、裁判所の意で理解されます。

このコラムに類似したコラム

「被災地視察 その2」 清水 康弘 - 工務店(2011/06/06 14:34)

「日経アーキテクチュアに掲載」 清水 康弘 - 工務店(2014/07/04 18:03)

「設計力のある工務店で家を建てよう」 清水 康弘 - 工務店(2014/03/14 10:07)

「ショールームの飾付けと関くんの発表」 清水 康弘 - 工務店(2013/11/15 17:35)

「平屋コートハウスの取材」 清水 康弘 - 工務店(2013/11/05 16:49)