『折込チラシに買う物件は無い』土地編vol1業者/個人 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

野城 郁朗
野城 郁朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『折込チラシに買う物件は無い』土地編vol1業者/個人

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編

建売はイヤっ!!土地を買って、注文で家を建てたい。


これって夢ですよね。(何を隠そう、私・徳本も購入したのは建売ですから・・・。)

では、チラシの中で希望の土地をどのように探せばよいのでしょう?

紙面のほとんどは新築物件です。

とくに土地物件の中で
●価格帯3〜5千万
●広さ20〜30坪

・・・少ないですよね。

これはなぜだかわかりますか??

もちろん売り物件が無いわけではありません。
あるけれど、皆さんの目にとまる前に売れてしまっているということです。

それは、割安の土地で20坪前後あれば一棟で・・
また、30坪前後あれば2分割以上に分譲できるために
建売業者が買ってしまうからです。

用地仕入れの営業マン・プロの買い手が日々、土地を探しています。

バブルの時のように建てれば売れる時代ではないので
いい場所であれば高買いもします。

仮に個人と業者、同じタイミングで情報が入ったとしても
購入決定までのスピードが違うのです。

資金の面でも業者は有利です。
なぜなら、個人のように住宅ローンの審査が通らなかったら
契約を白紙にする条件がつかないからです。
(これをローン特約条項なしの契約といいます)


そして広告に載る物件が決まってくるのです。