自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。1 - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
ヒロコグレース
(恋愛、婚活、夫婦関係アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。1

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

恋愛セラピストのあづまです。

現在の社会では、自分の行動に責任を持つのは当然と考えられています。

たとえば、何らかの犯罪を犯したら、その責任を刑罰という形で取るわけです。
あるいは、他人に損害を与える行動をしたら、賠償をする必要があります。

しかし、どんなに残虐な犯罪を「想像」したとしても、それを実行に移さなければ、罪に問われることはありません。つまり今の社会においては、基本は、行動に責任を持つことであって、頭の中で何をしていても、責任を問われない、ということなのです。


いまからする話は、そのような、現在の社会の原則を逸脱しています。

すなわち、今後の成熟した社会を目指すには、自分の意識的な行動だけでなくて、自分の無意識にも責任を持つということが大事になる、という話をします。


無意識に責任を持つ/持たない、とはどういうことか、少し例を挙げて説明していきます。


無意識の働きで大事なのは、感情と信念です。
自分が気づかずに持っている信念に責任を持つこと。
自分の感情に責任を持つこと。

そう、言い換えても、大体いいと思います。

 

自分の「信念」に責任を持つ、ということ。

さて、まず、夫婦の問題を、女性の側から眺めてみます。

夫との間に些細な口論があったときに、夫が急に妻との距離を取ったという一件があったとします。

妻は、自分が相手との距離を取るときは、相手を無視して苦しめてやりたいときなので、夫が自分に対して、無視をすることで私を苦しめようとしている、と解釈しました。

自分の信念体系にしたがって、夫の行動を解釈し、そして、被害を受けたと感じたわけです。


今度は同じ問題を、夫の側から眺めてみます。

実は、夫は、妻と向き合うのが気が重いので、なんとなく避けていた(罪悪感から距離を取りたくなった)だけであって、攻撃したいという気持ちはありませんでした。

そして、夫の方も、自分の中に、問題が起きてヒートアップしそうになったら距離を取って冷却すればいい、という自分の信念体系があり、【当然】(by夫の信念による)の行動を取ったわけです。

夫は自分の行動が間違っているとは考えていないでしょう。確かに、明らかな犯罪行為などはしていません。自分の信念に従って行動しているし、正しい行動なのだから、何の問題があるのだ、と考えているかもしれません。

しかし、結果的に、妻の気持ちを傷つけていますし、その信念そのものが、効果的に働いていないわけです。


こうした「信念」の多くは、子供時代に親や周りの大人から刷り込まれるものなので、まるで、天から降ってきたルールのように感じているものです。そのルールを持っているのは自分であるにもかかわらず、親など、誰か別の人の責任のように感じているものなのです。

この一件で言えば、妻の側は、自分が勝手に、自分の持っている信念に沿って、「無視された、攻撃された」と解釈したにもかかわらず、自分のものの見方、解釈の仕方には責任を持たず、被害者意識になっているわけです。

もし自分の信念に十分責任を持っていたとするなら、この妻は、夫が自分と距離を取った理由について、短絡的に「無視された。攻撃された」などと解釈することはなく、「その考え方は、自分の偏ったものの見方によるものではないか?」と一旦客観的になれます。

「自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。2」へ続きます。

「心理学に関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

実空間と像空間~怒りと罪悪感 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/09/30 14:00)

「パートナーと出会えない人に共通する3つのこと」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/07/08 16:04)

「違う意見を尊重しよう」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/06/23 18:00)

恋愛心理学:男と女の違い~女と男の心理はどこに違いがあるか?1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/21 21:00)

自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。4 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/12 14:00)