相も変わらず、欠陥住宅を作り続けています。 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

昭和アルミ株式会社 
埼玉県
建築プロデューサー
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

佐山 希人
佐山 希人
(建築家)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相も変わらず、欠陥住宅を作り続けています。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
その他コラム 欠陥住宅では雨漏りが一番多い
国民生活センター・お客様消費生活センター・弁護士連合会の欠陥110番に於いて、

日本全国からの統計では、圧倒的に

NO1 は 雨漏り 

NO2 は 外壁の亀裂・ひびです。

その雨漏りのケースは屋根から漏る場合、外壁から漏る場合、バルコニーから漏る場合なのですが

圧倒的に外壁・バルコニーから漏るケースは全体の80%で残りの20%が屋根からの雨漏りです。

屋根からの雨漏りで多いのはこう配不足の家という原因が多い統計です。

こうして見ると現在、市場に出ている窯業系サイディング・モルタル壁が防火仕様という事で日本全国にほとんど、この仕様で普及しています。

モルタル壁はコストが高いという事で厚さが建築基準(16ミリ)以下の約10ミリくらいの厚さのモルタル外壁が多く、厚さが薄いのでひびが入りやすく、そのモルタル壁をひびが入らないようにするには建築基準法で制定した厚さ以上にしないと駄目でこれい以上外壁にはコストをかけられず、

そして、モルタル壁より外壁施工のコストが安価にできる外壁建材という事で窯業系サイディングを普及してきたら、やはり外壁材や外壁施工を安価にした為、アスベスト繊維による健康被害で問題になりました。

そのアスベスト繊維も法律制定で使用できなくなった為、外壁は余計に雨漏りしやすい外壁材になっており、その外壁材が欠陥住宅を作る大きな原因になっている事実と真実があるにもかかわらず、

今また、もっとひどい 安価な外壁材で欠陥外壁住宅を建設し続けており、今までの大半の建築家や大工・ハウスメーカーもこれで良いと言って作り続けてきております。

その張本人である建築家や建築業者・ハウスメーカーが今度は外断熱工法の家とかこれが最高峰の工法だと自分こそは住む人の立場になって住宅を建設していると、専門家を振りかざし、安易にまた、欠陥住宅になると気がつかないで家を作り続けている滑稽な実態がここにあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。