料理が好き!キッチンからの家づくり10のコツ - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

M設計工房 主催
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

料理が好き!キッチンからの家づくり10のコツ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

「料理が好き、お菓子づくりが趣味」という人は多く、キッチンを中心に家づくりをする家族も増えてきています。

子供と料理やお菓子づくりを楽しんだり、家族との大切なコミュニケーションの場所になります。

キッチンは楽しく素敵な場所でありたいですね。

それでは、キッチンからの家づくり10のコツ」

 

1.コンセプトを考えてみましょう

「子供と料理を楽しみたい」「自分だけの手造りキッチンにしたい」

「キッチンスタジオみたいにみんなで料理したい」「カフェやバール風にしたい」

「庭や緑を見ながら料理をしたい」「コンパクトで使いやすいキッチン」「大きくて広いキッチン」など、

まずは、イメージを書き出してみましょう。

 

2.使い方のスタイルを見極めましょう

食事は、料理と時間とコミュニケーションを共有する大切な時です。

自分達の、キッチンの使い方、食事の仕方、家族との使い方、人を招く事が多い人、

片付けのルール、食器や収納の使い方、仕事と休日の使い方、を一度整理してみましょう。

 

3.リビングダイニングとの関係を整理しましょう

対面式やオープンキッチンの人気がありますが、キッチンカウンターの上は便利なので、色々な調味料、お菓子、雑貨など

置いて出しっぱなしになることが多く、掃除も面倒になります。

また、食器、レンジ、炊飯器などが、リビング側から見えることになり、来客時にキッチンは見せたくないなど、

「常に綺麗な状態でいられるか」考慮し、綺麗に隠す・魅せる必要があります。

 

4.オープンキッチンとするか、クローズキッチンとするか

「魅せるキッチンにしたい」「家族と共有したい」「二世帯、三世帯で使う」

「料理している時は人に見られたくない」「片付けが苦手」など、

イメージ、ライフスタイル、苦手な事、好みがありますが、

どのタイプが、自分達の生活スタイルに合っているか考慮する必要があります。

 

5.冷蔵庫をかくすか、みせるか

冷蔵庫は存在感が大きく、キッチンとのデザインのバランスを気にされる人も多いです。

リビングダイニングから冷蔵庫が見えないと、キッチンの雰囲気がスッキリします。

また、換気扇も存在感が大きいので、シンプルなものや色を工夫するなど、

すっきりした印象にすると良いでしょう。

 

6.作業スペースを考えましょう

大きいキッチンは理想ですが、コンパクトでも自分達らしいキッチンであることが大切です。

大きいキッチンは作業スペースが広く使いやすいですが、動きが大きくなります。

コンパクトなキッチンは作業スペースは少なくても、機能的に工夫することで効率の良いキッチンにできます。

キッチンと家事の動線も考えてみるといいでしょう。

 

7.リビングダイニングとキッチンの色のコーディネート

・オープンキッチンや対面式にすると、リビングダイニングとの色のコーディネートが重要なポイントになります。

リビングダイニングの空間イメージとキッチンの色(キッチン・壁・床)をトータル的に考えましょう。

・クローズキッチンは、キッチン内を広く見せるようにしたり、清潔感を演出する色を選択したり、

アクセントカラーをつけたりして、楽しいキッチンをつくることが大切です。

 

8.IHか、ガスコンロか

・オール電化にする場合や、コンロ廻りの掃除の事、室内空間環境のことを考えて、IHにする人は多いです。

・ガスコンロは、料理にこだわりがある人やガスの火力に魅力を感じて、あえて選ばれる人もいます。

コンロ廻りの掃除については、ガスコンロも掃除がしやすくなっています。

・ガスの場合は光熱費が分散されますが、冷暖房設備なども含めて、

その家族による、電気・ガスエネルギーの使用を検討されると良いでしょう。

 

9.キッチンの位置

・昔は、東のキッチン配置が最適とされてきましたが、

今は、家の様々な工夫や性能の向上、また、小規模な住宅も多いので、東西南北どの位置でも問題ないです。

キッチンを中心に考えたり、ライフスタイル、デザイン面、土地の形状から最適な間取りを考えていきましょう。

・家相や風水を気にされる人は、家相・風水にそった位置にされると良いでしょう。

 

10.キッチンから広がる家づくり

キッチンの廻りに自分達の必要な空間、リビングダイニング・家事コーナー・コートヤードなどが広がり繋がっていく。

楽しくて、素敵な、自分達オリジナルスタイルの「キッチンが中心の家」になるでしょう。

 

キッチンは毎日使う所ですので、楽しく自分達に合う場所でありたいですね。

また、家族や友人と過す時は、楽しい時間であり良い思い出になります。

キッチンが、家の中心・主役になってもいいのではないでしょうか。

 

M設計工房 三竹忍

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
M設計工房 主催

ライフスタイルをデザインにする、感動と永く愛される家づくり

4つのテーマ「知恵工夫デザイン」「家事機能を考える」「自然の力」「家族を繋ぐ」を考え、建主の希望と良い部分をデザインに反映させた、ライフスタイルからの家づくりをしています。季節を喜び、生活を楽しみ、安心して暮す為、一緒に創っていきましょう。

このコラムに類似したコラム

家事室からの手紙 三竹 忍 - 建築家(2013/03/19 10:37)

あなたはどこで?パウダーコーナー 三竹 忍 - 建築家(2013/03/13 14:53)

昭和の間取りの改造例 福味 健治 - 建築家(2012/05/01 08:07)

対面式キッチンカウンター 奥山 裕生 - 建築家(2011/06/04 18:04)