父が亡くなりましたが、相続を放棄しようかどうか迷っています。いつまでに決断しなければなりませんか。 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年05月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

父が亡くなりましたが、相続を放棄しようかどうか迷っています。いつまでに決断しなければなりませんか。

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、相続について単純もしくは限定の承認又は放棄をしなければなりません。この間に被相続人の財産を調査して単純承認するか相続放棄するか否か判断することになります。

この3か月という期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができます。したがって、被相続人の財産調査に時間がかかるような事情があるとき等には、家庭裁判所にその旨に審判を申し立てます。

相続人が複数いる場合、上記期間は各人ごとに個別に進行します。

このコラムに類似したコラム

相続って何? 中西 優一郎 - 弁護士(2012/03/01 22:16)

相続放棄申述書サンプル 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/22 16:40)

相続の基礎知識1 能瀬 敏文 - 弁護士(2013/11/04 13:17)

遺産分割後に遺言が出てきたら? 中西 優一郎 - 弁護士(2013/09/18 11:27)