特許の常識/非常識(第13回) - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

尾上 雅典
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特許の常識/非常識(第13回)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
特許の常識/非常識(第13回) 河野特許事務所 2008年3月21日 
執筆者:弁理士 河野登夫、弁理士 河野英仁

3 発明の評価は自分でやる 
 読者諸氏が開発の成果、あるいは、ふと浮かんだ着想に基づく発明を特許出願しようと思い立ったときの一般的な仕事の流れは、

1.提案書(アイデアシート)に発明を記載→2.上司の審査→3.知的財産部の審査→4.弁理士との打ち合わせ→5.弁理士作成の書類の査読→6.出願

であろう。ただし、このようにスンナリいかない場合が大半で、その多くは3.ではねられるか、3.で提案書の記載内容の補充指示がなされることに依るはずである。
3.で戻されると、意気阻喪して再提出するまでには相当の期間を必要とする。これは迅速な出願を旨とする特許制度の下では権利取得機会の喪失に繋がりかねず、また技術者の意欲を削ぐこととなって会社にとって大きなマイナスである。それでは、このようなことを避けるにはどうすればよいか。
  (第14回につづく)
 |  コラム一覧 |