Qフレックスタイム制の対象者に制限はありますか。 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Qフレックスタイム制の対象者に制限はありますか。

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

フレックスタイム制の導入には、労使協定が必要になりますが、その中でフレックスタイム制を適用する労働者の範囲を定める必要があります。その範囲に18歳未満の者を含めることはできません。

したがって、フレックスタイム制の対象者は18歳以上になります。労使協定によってフレックスタイム制を適用する労働者の範囲に定められていれば、対象者としてその他の制限はありません。

このコラムに類似したコラム

労働審判(研修)を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/10 07:40)

年次有給休暇と時季変更権 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/07 17:30)

労働審判の手続、その2 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/07 08:58)

「労働関係訴訟の実務」 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/22 08:32)