相続に関する豆知識  第2回

-

公開日時
2010/08/10 09:00

今回は、相続税の基礎控除額についてお伝えしたいと思います。

 
正式には「遺産に係る基礎控除額」などと呼ばれ、
以下の算式で求めることができます。
 
遺産に係る基礎控除額=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)
 
もしも、ご主人が亡くなって、奥さん、子供2人の家族構成であれば、
5,000万円+(1,000万円×3)=8,000万円(基礎控除額)
となります。
 
そして、遺産の総額ともいえる「課税価格の合計額」が、
8,000万円以下であれば、相続税はかからないこととなります。
 
いかがですか?
高いと思われますか
安いと思われますか?
 
「でも、不動産があれば遺産も多くなるのでは?」
と思われるかもしれません。
しかし、遺産の中で「実際に住んでいる家」などについては、
基礎控除の他に、「評価減の特例」という措置があります。
 
次回は、この「評価減の特例」についてお伝えします。
 

相続のことなら、「相続おたすけネットワーク」

http://www.souzoku-otasuke.net/
このコラムの執筆専門家

(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)

FP&COACHING 代表

FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

FPのスキルとコーチングのスキルをもとに、マネーコンサルタント、ライフコンサルタントとして活動しています

この専門家に相談
相続の基礎控除について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。