「器物損壊」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「器物損壊」を含むコラム・事例

4件が該当しました

4件中 1~4件目

  • 1

浮気調査などで探偵が車に設置使用するロガーは、対象車に設置すること自体、法に触れますか?

浮気調査などで探偵が車に設置使用するロガーは、対象車に設置すること自体、法に触れますか? 不法行為、刑法? その場合、起訴などは、探偵自身または、その依頼者にも及びますか? 不法原因給付などというのは? 裁判の証拠集めなどになると、その行為そのものが自己の不法行為を証明することになりませんか? または、自分で、家族の行動を調べるのは、問題ないのでしょうか? ...(続きを読む

芭蕉先生
芭蕉先生
(離婚アドバイザー)
2016/03/09 16:05

学生の授業妨害。おならでお縄

大部分の中学校で適切に運営されている学校教育。 しかしながら周知の通り様々な問題も引き続き存在し、これは生徒側にも当てはまります。 文部科学省によると、過去10年における出席停止の措置件数推移は以下の通りです。   ■出席停止の措置件数推移(年度) H17 42件 H18 58件 H19 51件 H20 65件 H21 79件 H22 74件 H23 31件 H24 50件...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

駐車場での事故の法律的な扱い

駐車場での事故の法律的な扱い     考え方の道筋として、 1、民事の損害賠償請求 自賠法3条により「運転者」と「運行供用者」が損害賠償請求を負う。 また、民法の損害賠償責任の根拠は以下のとおり。 民法709条、慰謝料の根拠は710条 使用者責任、民法715条 工作物責任(駐車場の管理者、占有者、所有者)、民法717条 加害者が複数の場合(共同不法行為)、民法719条 過失相...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

ESTA渡航認証で入国拒否となる「不道徳な行為に関わる違法行為」

日本は、米国のビザ免除プログラムの対象国になっています。したがって、日本人は、原則的に米国に入国するためにビザ(査証)を取得する必要はありません。しかしながら、米国はテロ防止対策の強化から入国審査基準を厳格化しており、ESTA(Electronic System for Travel Authorization)渡航認証というシステムを導入しています。米国大使館のウェブサイトは、ESTA(渡航認証...(続きを読む

今林 浩一郎
今林 浩一郎
(行政書士)

4件中 1~4 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索