「物損事故」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「物損事故」を含むコラム・事例

12件が該当しました

12件中 1~12件目

  • 1

ゴルフメーカーが倒産した理由

 ゴルフクラブの専業メーカー「クレイジー」が経営破たんしました。2006年7月の設立ですから、約8年弱で倒産したことになります。この会社の社名を初めて聞いた2年まえ、何となく長くはビジネスの継続が難しい予感がありました。やはりクレイジーは、覚えやすく判りやすいですが、どこか狂っている気がします。  自社ブランドのシャフト「CRAZY」を販売していたほか、バッグやウェアなどもOEM供給を受けて販売...(続きを読む

中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

誰に聞くか。

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様 アッツワークスの井上です。 こんばんは。 今日もまた、東京は、すごい雪ですね。積もってます。 さて、今日は、これ。 昨日、ある質問サイトで見ちゃったんですよね。 普段、絶対に見ないサイト。 そこには、こう書かれていました。 先日、車を運転していて、人とワンちゃんをひきました。ワンちゃんは、死にました。どうすればいいですか。 物損事故だ...(続きを読む

井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
2014/02/14 19:52

駐車場での事故の法律的な扱い

駐車場での事故の法律的な扱い     考え方の道筋として、 1、民事の損害賠償請求 自賠法3条により「運転者」と「運行供用者」が損害賠償請求を負う。 また、民法の損害賠償責任の根拠は以下のとおり。 民法709条、慰謝料の根拠は710条 使用者責任、民法715条 工作物責任(駐車場の管理者、占有者、所有者)、民法717条 加害者が複数の場合(共同不法行為)、民法719条 過失相...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

交通事故と後遺障害

後遺障害は自賠法で規定されており、1~14級の140種の後遺障害が35の系列に分類されて規定されています。1級が最も重く、14級が最も軽い後遺障害と規定されています。よって各等級で定められた賠償額も1級が最も高く、14級が最も低いです。 後遺障害といえば、手足の切断や一生歩けないといった重篤なものだけで無く、事故から数年すれば限りなく元通りの体になり社会復帰出来るものでも、後遺障害として認定され...(続きを読む

藤井 佳愛
藤井 佳愛
(行政書士)

交通事故・物損に対する示談までの流れと注意点

  Title:交通事故・物損に対する示談までの流れと注意点 物損事故の示談までの流れといくつかの注意点について、 自身の過失割合が、0%で相手が100%の交通事故について、実際の交通事故の、ご相談内容を基に 書きたいと思います。 * ご相談の内容のポイントは ・追突されたので過失はご本人が0%。 ・相手は任意保険に加入している。 ・ご自身の車は、営業に使用していた会社名義の営業車 ・営業...(続きを読む

松浦 靖典
松浦 靖典
(行政書士)

交通事故で健康保険の利用と過失割合について!!

交通事故で健康保険の利用と過失割合について!! 以前、ご相談を受けた、「過失がある場合には健康保険は利用すべきですか?また、物損事故で過失がある場合、慰謝料も過失分減額されるのですか?」と言うご相談についての話です。 まず、1割でも過失がある場合は、健康保険を使用して治療費の軽減に努めるようにするべきです。 自賠責保険の範囲(総額120万円)で収まれば、問題ないのですが、自由診療は高額ですので...(続きを読む

松浦 靖典
松浦 靖典
(行政書士)

自動車保険 見直し 2

自動車保険 見直し 2 自動車保険には人身事故の基本補償を目的として「自賠責保険」と補完的に任意保険があります。 自動車は便利な生活の道具として、または企業の営業活動の手段として社会にとけ込んでいます。便利な反面、交通事故を数多く生み出してしまうことも忘れてはいけません。 交通事故により他人を死傷させた場合、被害者の家庭を悲惨な生活におとし入れてしまうばかりでなく、加害者も高額賠償を負うこ...(続きを読む

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)

自動車保険 見直し 1

自動車保険 見直し 1 自動車保険には人身事故の基本補償を目的として「自賠責保険」と補完的に任意保険があります。 自動車は便利な生活の道具として、または企業の営業活動の手段として社会にとけ込んでいます。便利な反面、交通事故を数多く生み出してしまうことも忘れてはいけません。 交通事故により他人を死傷させた場合、被害者の家庭を悲惨な生活におとし入れてしまうばかりでなく、加害者も高額賠償を負うこ...(続きを読む

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)

東北大震災被害の車両保険について

車両保険とは補償内容は保険会社によって異なることがありますが物損事故で損害を受けたり、 自分の車が事故で損害を受けた場合に、車の修理代を補償してくれる保険です。 事故だけに限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けたときにも支払われ、通常の装備品も補償の対象となります。 ただ今回の震災被害では「地震もしくは噴火またはこれらによる津波は免責」となってます。 保険金をもらうには、「地震、噴火...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

交通事故を起こしたらまず何をするべきか?交通事故 示談の流れ

はじめまして交通事故専門の行政書士をしております松浦です。 第一回目のコラムは交通事故について書いていきます。交通事故には物損事故と人身事故があります。人身事故をおこしてしまった場合まず注意していただきたいことを述べていきます。 とにかく、事故をしたらまず落ち着いて行動することが大切になります。そして、負傷者の保護を第一に考えてください。 車の修理は後でも考えることができますが、怪我をされてい...(続きを読む

松浦 靖典
松浦 靖典
(行政書士)

ジコナビ・オリジナル 営業車 準備進行中 第一弾

営業車 準備進行中 ジコナビのイメージカラー「オレンジ」に自転車を塗装してみました。 いつもお世話になっている自動車鈑金業の社長に、無理を言っての塗装です。 こちらの社長には、物損事故の修理・鈑金でお世話になっています。 相手方保険会社との修理代協定では大活躍されています。 お悩みの方は、是非、お尋ね下さい。 ご紹介します。 オリジナル営業車 ...(続きを読む

ジコナビ代表 前田修児
ジコナビ代表 前田修児
(行政書士)
2010/01/18 22:10

自動車保険 見直し

自動車を運転中に発火した為、道路脇に車を止めたら路上駐車していた他の車に類焼した。 さてこの事故で加害者に賠償義務は発生するでしょうか? 原則免責(払われない)です。 物損事故の場合民法上の賠償責任が発生するか否かで判断されます。民法の特別法である失火法は「被害者が加害者の重過失を立証できなければ民法709条が適用されない」と、定められています。 失火法⇒...(続きを読む

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
2009/02/23 00:00

12件中 1~12 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索