「ホームページデザイン」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ホームページデザイン」を含むコラム・事例

12件が該当しました

12件中 1~12件目

  • 1

ビジネスユースでのインターネット活用の現実

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はインターネットビジネスについてのお話です。 中小企業や創業者の方々にとって、インターネットは今や欠かせないビジネスツールです。 情報収集、情報発信などが速く、安く、簡単にできますし、そもそもインターネットはあって当たり前という感覚の方が多いものです。 ホームページ、ブログ、最近ではTwitterなどを身近なビジネスツールと捉え、積極的に活用す...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)

楽天ビジネス・ホームページデザインジャンル賞受賞!

楽天ビジネスアワード「ホームページデザインジャンル賞」受賞記念! 環の小坂です。 今週に入ってから寒い日が続きますね。。。。 昨日、楽天ビジネスの表彰式がありました。 表彰式があったのは今回が初めてですが、 お陰さまで3度目のジャンル賞を受賞することが出来ました。 http://business.rakuten.co.jp/docs/special...(続きを読む

小坂 淳
小坂 淳
(ITコンサルタント)
2010/01/14 13:19

ホームページを作るうえで大切にしていること

「熱い思い」をホームページで表現しているか? 昨日お客様とホームページの打ち合わせを 実施していて感じたこと。 ホームページをデザインする上で ホームページを見るお客様がイメージできてるか? なかなか難しい部分ですが、フィット感が大切ですね。 ホームページを運営する方自身が、 曖昧で何を表現したいのか見えない状態での ホームページデザインはかなり...(続きを読む

千葉 英男
千葉 英男
(Webプロデューサー)
2009/07/11 16:12

これからは ネットの世界も「心理学」

お客様の心を掴む そして掴んで離さないような ホームページデザインやホームページ作成など いつも考えていました。 一つ見えて来た部分が「心理学」です。 理論的にデザインを考えて結果につなげる お客様の動きを考えながら ハートを掴むには いろいろな部分で「心理学」という 論理的な形で紹介できればと思っ...(続きを読む

千葉 英男
千葉 英男
(Webプロデューサー)
2008/09/06 15:04

ステップ2  良いホームページを沢山見る

ホームページを「できる営業マン」にするには!! 良いホームページを沢山見ることで、いろいろな事が分かってきます。 私がホームページデザインの業務を実施する前に 一番先にやることは、その企業様と同様のサービスを実施している企業を想定し、 そのサイトにマッチしたキーワードで検索エンジン(グーグル)で 100サイト以上検索を繰り返しながら、いいと思った...(続きを読む

千葉 英男
千葉 英男
(Webプロデューサー)
2008/07/06 18:19

ホームページデザインのポイント

デザイン性が優れたホームページ、 検索ワードでTOPに位置するホームページ、 商品販売を目的としたホームページ、 様々な情報が得られるポータルサイト、 人にフォーカスされたホームページ、、、、、 世の中にはたくさんのホームページが存在していますね。私たち、ホームページを 制作している専門家よりも、ひょっとしたら皆さんのほうがホームページをたくさん 見ているのではな...(続きを読む

藍原 節文
藍原 節文
(経営コンサルタント)
2008/04/28 10:00

Flashはストーリーを表現する最適なツールです

商品を浸透させるためのキャラクターをFlash(フラッシュ)でさらに活かす!! Flash(フラッシュ)をホームページに取り込む場合は 会社のイメージを伝えるツールとして使う場合が多いですが、 TOPページ全面をFlash(フラッシュ)化するのではなく 部分的なFlash(フラッシュ)の活用で、ちょっとリッチな感じを出す方法が 最近多くなっています。 更に、キ...(続きを読む

千葉 英男
千葉 英男
(Webプロデューサー)
2008/04/17 10:36

お金をかけるならデザインよりも写真に!!

たいていの企業にとって、ホームページや広告にかけることのできる予算には、限りがあると思います。 その限られた予算の中で、最大の効果を得るためには、コンテンツをしっかり作り込み、キャッチコピーやレイアウトを研究することが重要です。 それは、できるだけ自社で行うことが望ましいと私は考えています。 このコラムでは自社で実施するためのそうしたノウハウをまとめてきました。 ...(続きを読む

岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
2008/04/14 08:00

目的が違う紙のデザイン、ホームページデザイン(2)

←前回コラムで、紙のデザインに関してご説明させて頂きました 今回コラムでは、ホームページデザインに関して簡単にご説明します。。 目的の用途が違う事は述べさせて頂きましたが、 ホームページの場合は、ある程度想定したユーザーに対して情報配信を行う事は可能ですが、ユーザー側はクライアントの意図に関係せず誰でも閲覧が可能です。 またサイズに関しては、デザインの表示部分やデ...(続きを読む

武本 之近
武本 之近
(Webプロデューサー)
2008/03/20 07:00

目的が違う紙のデザイン、ホームページデザイン

この2つの媒体。 デザインの手法も違えば、目的も違ってきます。 今回コラムでは、紙のデザインに関して簡単にご説明します。。 紙のデザイン(会社案内、リーフレット、名刺etc)は、主に相手が手に取って情報収集するものですので想定した相手に渡す事が可能で、サイズも決まってきます。 つまりは、制作着手前に【使用用途】をヒヤリングの上、構成、デザイン、サイズを決めて行く作...(続きを読む

武本 之近
武本 之近
(Webプロデューサー)
2008/03/19 12:49

ホームページの格好良さは反応率を上げてはくれない

誤解を恐れずに言います。 ホームページデザインが格好良くなっても、問い合わせ件数は増えません。 ホームページ経由で問い合わせが欲しいと思っている経営者、ホームページで売り上げを上げたいと思っている経営者はたくさんいらっしゃいます。 しかし、思った様な効果が出ていないという会社には、ホームページにデザインの格好良さばかりを要求されていることが少なくありません。 ...(続きを読む

岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
2008/03/18 11:02

何の業種のホームページデザインか解りますか?

パっと見て このデザイン、何の業種のホームページデザインか解りますか? (弊社で過去に作成したサンプルです) 中々難しいですよね。(というか解りませんよね) なぜなら、キャッチコピーも文章ないですし、業種に関連したメニュー構成も入っていません。 来訪したユーザーが、一瞬でも目を引いてくれたとしても、 情報がなければ、ユーザーは満足してくれません。 情報...(続きを読む

武本 之近
武本 之近
(Webプロデューサー)
2008/02/10 18:00

12件中 1~12 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索