トップページを検索でヒットさせる方法 - ホームページ・Web制作 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

トップページを検索でヒットさせる方法

法人・ビジネス ホームページ・Web制作 2010/01/16 10:04

自分の勤務している会社が運営しているヨガスタジオのWebを作成しています。

現在「ヨガ」と地域名(ex北区等)をキーワードに検索をかけると1ページ目にてヒットするのですが、そのページがトップページではなくスタジオ案内のページになっています。

アクセス解析をトップページにて行っているので、トップページがヒットするようにしたいのですが何かコツはあるのでしょうか

ちなみにURLですが
トップページ:index.htm
料金案内:pr_index.htm
スタジオ:st_index.htm
のように全ページがindex.htmで終わるようになっております

よっきーさん ( 京都府 / 男性 / 29歳 )

回答:2件

池本 真人

池本 真人
Webプロデューサー

- good

初心者でも出来る方法をお伝えしますね。

2010/01/17 00:50 詳細リンク

index.htmで終わる終わらないは、SEO対策(検索エンジン最適化対策)では関係ないですね。

初心者の方は、まずタイトルを気にしてみて下さい。
ヨガ+地域名でトップページ以外がヒットするのは、
そのスタジオ案内のページに地域名が入っているからです。

Yahoo!で過度なSEO対策と判断されると、
トップダウンペナルティと呼ばれているのですが、
トップページの順位がダウンすることもあります。

そのためにサブページが先に表示されることもありますが、
お話しを察するに、SEOには詳しく無いと思いますので、
まずはトップページのタイトルを検索されたいキーワードに変更してみて下さい。

アクセス解析はトップページだけでなく、全ページに付けた方がいいですよ。
ページ単位で最適化も行えますので、検討してみて下さいね。


売上に繋がるサイトの導線作りをご存知ですか?
Webサイトの一級建築士 池本真人
Div Design
SEO八卦の陣

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉村 昭二

吉村 昭二
ITコンサルタント

- good

ページタイトルとディレクトリー構成を修正

2010/01/27 20:53 詳細リンク

はじめまして、株式会社シンクライズの吉村です

たまに、こういったケースはあったりしますが

トップページと同じ階層にファイルをまとめていたら
それがまず第一の問題点といえます

トップページと同じ階層にはファイルは一つだけが望ましいです

あとはタイトル名を変更してみると
この問題は解消されますが

どちらにしても、検索エンジンの巡回頻度にもよりますが
時間がかかることは間違い有りません

ぜひ一度見直してみてください

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

大規模なポータルサイト構築について。 のだなのださん  2013-04-03 01:10 回答1件
フリーでやっていける条件って。 mikoriさん  2011-10-27 22:08 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

メール相談

アメブロデザインテンプレートカスタマイズ承ります。

アメブロを個性豊かなデザインにしませんか?

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

メール相談

ホームページ(SEO対策)診断

貴社ホームページのSEO対策を診断します

中沢 伸之

ストークデザイン

中沢 伸之

(Webプロデューサー)

その他サービス 格安ホームページ制作
中沢 伸之
(Webプロデューサー)