いつから産休に入るべきか悩んでます - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いつから産休に入るべきか悩んでます

マネー 年金・社会保険 2009/11/06 14:29

その理由は、育児休業給付金というのが、育児休業に入る日を起算として、直近の賃金支払い基礎日数が11日以上ある
6ヶ月間の平均により計算されるからです。

早めに産休に入った場合(有給はすでにないので欠勤になります)中途半端に賃金支払い基礎日数が11日とかの月が生じてしまうかも
しれません。逆に、6週前まで働こうとして、(産休に入るのは1月の真冬なので病気等で欠勤が多くなり)却って賃金支払い基礎日数が11日と
かになり、育児休業給付金の支給額が減ってしまう可能性もあります。

育児休業の開始日というのは、産後8週間後からという風に定められているものでしょうか?
それとも、ちょうど賃金支払い基礎日数がいいあんばいになるように、育児休業の開始日を自分で決めることはできるのでしょうか?

suzuchandesuさん ( 東京都 / 女性 / 42歳 )

回答:1件

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

育休は産休後からです。

2009/11/06 18:51 詳細リンク

suzuchandesuさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

産休は出産予定日の6週前からで、本人が希望したら、休業させないといけないとなっています。
希望すれば、もっと後まで働いてもいいんですよ。でも働いて給与が出るとその間の出産手当金はもらえませんね。
産後8週は母体保護の観点から働かせてはいけないとなっていて、出産手当金は産休の所得保障です。

そのあとが育児休業です。

変更可能なのは特別な場合で、以下の場合のみです。

育児休業期間の変更ができる場合(育介法第7条)
1. 休業開始予定日の繰上げ変更
次の理由がある場合変更できます。
a)出産予定日前に子どもが生まれたこと
b)配偶者が死亡したこと
c)配偶者の病気などにより子どもを養育することが困難になったこと
d)配偶者が子どもと同居しなくなったこと

残念ですが、自由に開始日を選ぶことはできません。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

育児休業給付金二人目受給要件について りみおさん  2012-11-10 21:58 回答1件
育児休業給付金 2人目について チビママさん  2011-02-25 15:46 回答1件
育児休業給付金について apple1125さん  2010-09-13 09:48 回答1件
育児休業基本給付金の支給要件について voodoopkさん  2009-09-24 14:45 回答1件
出産手当金と育児休業給付金について。 M/Kさん  2008-07-24 19:06 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

対面相談 鹿児島市保険の見直し訪問サービス
宮里 恵
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)