給与減額について - 労働問題・仕事の法律 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

給与減額について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2009/10/27 12:42

6月から入社し、9月末に主人が会社を辞めました。(一応、試用期間中でした)
10/23に9月分の給与が支払われたのですが、20%減額されていました。
確認したところ、日報を提出していなかったので給与20%カットということでした。
この会社は、毎日日付が変わるまで働かせたり、土曜日も出勤したりしているのに、残業代も支払わず、給与も安いです。
このように、事前に本人の承諾もなく、規定だからといって給与カットされるのは、労基法上認められているのでしょうか?
ちなみに、実際に日報は提出していなかったようです。

エンブリさん ( 大阪府 / 女性 / 33歳 )

回答:1件

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

給与カット

2009/11/02 22:00 詳細リンク

凄腕社労士 本田和盛です。

賃金カットは、賃金の全額払い原則違反ですのでできません。本人同意を得たとしても、既発生の賃金債権についてはカットすることは難しいです。(債権放棄という方法が考えられますが、今回の事案はそんな事案ではありません)

明らかに労基法24条違反です。ただし日報を提出しないことが懲戒規定で減給になると規定されていたら話は別です。規定によって減給されただけですから、

ただこの場合も、減給の制裁の制限がありますので、複数の日報提出義務違反をカウントしたとしても給与の10%カットまでです。

深夜まで働かせて残業代も支払っていない会社ですから、無法地帯となっているのでしょう。早く辞めてよかったです。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
(千葉県 / 経営コンサルタント)
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

退職に対して損害賠償を請求されそうです kyoumoameさん  2012-10-31 18:52 回答1件
賃金変更に同意しないと自己都合退職? wakyoさん  2009-06-11 12:25 回答1件
在職強要:退職日が決まらない 在職強要さん  2015-07-14 14:24 回答1件
慰謝料等の請求は可能でしょうか? まっすんさん  2013-12-05 06:24 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

セミナー

無料【就活】講習

大学や塾、親が教えないことが学べます。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

レッスン・教室

就活 自己分析・探求「自分の“キャラクター”を見てみる」

就活を強い気持ちで望んでいけ、チャレンジしていけます!

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

電話相談

ライフキャリア全般を相談ください!

あなたのキャリアをプロデュース(スカイプ相談)

高木 透

株式会社レイクウイング

高木 透

(キャリアカウンセラー)