事業主借と事業主貸について - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

事業主借と事業主貸について

法人・ビジネス 会計・経理 2009/10/26 15:04

個人経営で事業をしております。毎月伝票を記載しその後の処理を会計事務所に依頼しております。
このたび分かったことなのですが今まで私が「事業主借」で伝票に記載していたものを会計事務所ではすべて「事業主貸」で処理していたことがわかりました。
「事業主借」で間違いないのですが会計事務所に問い合わせると「あまり関係ないので大丈夫・・・」と言われました。
1年間のことですとすべて事業主貸として記載されるととても金額が大きくなるのですが本当に大丈夫なのでしょうか?

また他の仕訳に関してもこちらが伝票で記載した科目と勝手に変更されていたり。同じものを購入していても月によって科目が変わっていたりなどします。科目を変えた場合でも連絡はありません・・・。

補足

2009/10/26 15:04

回答ありがとうございました。
事業主借、事業主貸に関しては分かりました。
もうひとつ質問に記載してあった件ですが、こちらが伝票に記載した科目を勝手に変更したり、毎月同じものを購入していてもそれに対して月によって違う科目にしたりすることも多々あることなのでしょうか?

ぼく110さん ( 愛知県 / 女性 / 37歳 )

回答:1件


事業主借と事業主貸について

2009/10/27 09:52 詳細リンク

ご回答いたします。
まず、事業主貸とは、自分の生活費その他家事上の費用や所得税、住民税などの事業所得の必要経費にならない税金を支払った場合に用いる科目です。事業主貸勘定を返済する場合、「事業主借」を使っても構いません。「事業主貸」は、「事業主借」の反対科目で、期末に「事業主借」と相殺します。
一方、事業主借とは、事業資金として事業主から受け入れたり、預金通帳に払い込まれた利息など事業所得以外の収入を事業に受け入れた場合に用いる科目です。事業主借勘定を返済する場合、「事業主貸」を使っても構いません。「事業主借」は、「事業主貸」の反対科目で、期末に「事業主貸」と相殺します。
結局、年度末に両者は相殺されてしまうのだから、どちらか一方の科目だけ使用すればいいのではないかと思います。確かに、課税所得の計算においてはどちらか一方だけを使用していても問題はありません。但し、経費にならない支出や所得にならない収入などが年間でそれぞれいくらだったのか、総額で把握したい場合は、期中で「事業主貸」と「事業主借」を明確に区分したほうが望ましいです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

外注加工費について cocolさん  2016-02-20 11:57 回答1件
ハンドメイド販売の仕訳について cocolさん  2016-02-03 13:29 回答1件
開業費 くろかずさん  2013-11-14 15:05 回答1件
仕訳け記入について maxjoe1005さん  2013-01-12 21:08 回答1件
個人口座を事業口座へ oonaoさん  2012-11-11 12:08 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)