中古住宅の瑕疵担保責任と損害賠償について - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中古住宅の瑕疵担保責任と損害賠償について

住宅・不動産 不動産売買 2009/09/24 12:02

2年3ヵ月前に購入した当時築16年の木造2階建住宅が傾いています。
契約前の見学は3回で、外壁と庭のタイルテラスのヒビがある事、サッシが閉まりきらずに隙間ができる箇所があるという事、部屋の壁紙が剥がれかかっていると仲介の不動産会社から説明されました。
しかし、契約締結直前時に「建物に傾きがあると思うし、沈下もあると思うので書面に記載しておきました」と言われました。
見学時は売主が居住中できちんと見れなかったし、沈下や傾きが原因での不具合という説明が無かったので、それ程ひどくないと思い、購入に至りました。
住んでみると、不具合が地盤沈下による建物の傾きが原因ということがわかり傾きがひどいです。クロスの剥がれは内壁の割れであって部屋の襖も閉めると隙間がありました。売主は瑕疵担保責任は一切負わないという特約ですが、調査・説明の不十分という事で損害賠償の請求は可能でしょうか。瑕疵発見から2年以上経過しております。
よろしくお願い致します。

toto200909さん ( 三重県 / 男性 / 32歳 )

回答:1件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

損害賠償の可否について

2009/09/24 13:51 詳細リンク
(4.0)

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

個別の法的解釈に関しては、弁護士、司法書士等の専門家へご相談ください。

今回、「建物に傾きがあると思うし、沈下もあると思うので書面に記載しておきました」
とのことより、おそらく契約書等(重要事項説明書、物件状況報告書等)に建物の傾き、
沈下等の記載があると思います。
また、現地の見学を3回行い、タイルのひび、サッシの不具合、壁紙の剥がれ等の
説明を受けております。
その上で、瑕疵担保責任免責での契約を締結しております。

現状では、契約当時の現況をよく理解した上で購入した形に
なっているように思われ、契約当時、既知の瑕疵に関しての
瑕疵担保責任の追及は難しいと思われます。

今回の不具合が地盤沈下によるもので、その説明がなかったとして
業者や売主に申し立てをしても、契約当時に、その原因が
地盤沈下によるものであることを知らなかったと言われると
どうしようもありません(契約当時の現況は告知しているため)。

最終的には、裁判によりますが、状況としては、調査・説明の不十分と
いう形の損害賠償は難しいと思われます。

あまりお役に立てなくて申し訳ありません。

評価・お礼

toto200909さん

迅速丁寧にご回答いただき、とても感謝しております。

不動産会社に業務不備があるのではないかと考えていましたが、ご回答いただいた内容により弁護士の先生に相談をしたとしてもかなり困難であるということがわかりました。

現段階では泣き寝入り状態ですが、今後家族が安心して生活できるよう、どうすれば良いかじっくりと考えていこうと思います。

ありがとうございました。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

toto200909さん

続・中古住宅の瑕疵担保責任と損害賠償について

2009/09/24 18:07 固定リンク

ご回答いただきまして有難う御座います。

前回の質問文に1点誤りがありました。
サッシの隙間については、物件引渡し後に不動産会社より報告を受けました。
これにより、見学時に説明をされたのは、「外部タイルテラスにヒビがある」と「外壁にヒビがある」と「クロスの剥がれ」です。(傾きの有無については、説明無し)
契約締結時の説明(書面記載)は「建物に傾きがある」と「沈下がある」です。(「傾きや沈下があると思いますので記載しました」との事)
引渡し後に説明を受けたのは、「サッシに隙間がある」です。
住んでみて発覚したのは、上記の問題点の原因は不同沈下が原因である事と「家の柱が傾いている」、「襖に隙間がある」「クロスの剥がれでは無く、内壁の割れであった」です。
買主の私としては、説明が不十分だったために不具合箇所の深刻度がわかりませんでした。
不動産会社は売主から「売りたい」という意向と物件の現状(不具合)を聞き、自らの経験から家の不具合の深刻度を予測し、売主と相談して専門的な調査をした上で売買しなくて良いのか?という事に疑問を感じています。
まして、契約締結時に「傾きや沈下があると思います」という事を言ったにもかかわらず・・・(前々から思っていたと思います)

当方としましても物件を自らの目で確認していますが、問題の深刻度については素人ですので把握できませんでした。

このようなことから不動産会社の調査義務の不十分ということを追求できないかなと思うのですが・・・

当方の言っていることは、録音・録画されているものではないので、証拠は無く、「説明した」、「聞いていない」のイタチごっこになりかねないと思いますが、無理があるのでしょうか。

再度、アドバイス・ご意見をいただけますと幸いです。

よろしくお願い致します。

toto200909さん (三重県/32歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

契約した土地に地盤改良が必要 ayayanさん  2009-07-26 22:55 回答2件
中古マンション購入後の雨漏り かがみもちさん  2013-04-09 10:08 回答1件
瑕疵担保責任について きゃのんさん  2012-10-01 21:56 回答1件
中古住宅 個人売買 平 清盛さん  2012-02-25 13:03 回答2件
土地の瑕疵担保責任は? ギンコさん  2009-07-17 22:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)