猫の糖尿病 治ったりまた発症したりしますか? - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

猫の糖尿病 治ったりまた発症したりしますか?

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/07/07 08:57

1年前に糖尿病と診断されて、1年間インスリンを投与してました。
しかし今年の1月に違う病院に行くと糖尿病ではないと言われ、インスリンをストップしたのです。その後は特に問題もなく元気だったのですが、ここ2週間ほど多飲多尿が見られたので病院に行くと糖尿病が戻ったのかもといわれたのです。
そんな事ってあるのでしょうか?

kayokoさん

回答:2件

RE:猫の糖尿病 治ったりまた発症したりしますか?

2009/07/14 17:31 詳細リンク

糖尿病は膵臓のβ細胞が破壊されインスリン分泌能力が低下することで発症します。
完全に破壊されるとインスリン療法が生涯必要になります。
部分的な破壊である場合、インスリン抵抗性を起こす他の要因の存在により血糖値を下げられなくなります。
インスリン抵抗性を起こすものとして重度の肥満、慢性膵炎、腎不全、甲状腺機能亢進症、口腔内疾患、副腎皮質機能亢進症などが挙げられます。
猫では、これらの要因が除去され、食事療法が成功して血糖値がコントロールされると、膵臓のβ細胞の機能が回復しインスリンが不必要になることがありますが、その後のインスリン療法が必要になるかどうかは膵臓の異常がどの程度あるのか、進行性の異常があるかどうかに依存します。
また、インスリン療法がいらなくなった状態が続いてもインスリン抵抗性を起こす要因が加わると糖尿病が再発します。
今後インスリン療法が必要なくなったとしても定期的な血液検査、尿検査を受けることをお勧めします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


たしか

2009/07/08 06:23 詳細リンク

いつだったか忘れましたが、アメリカから来られた先生が、猫では、稀に一過性の高血糖症があると、講演のなかでお話されていたように思います。 その発生率や期間などの詳しいことは、覚えていません。 すいません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

転院について にゃん太のママさん  2010-09-17 01:16 回答2件
猫の多発性のう胞腎について poteさん  2014-08-03 21:52 回答1件
猫の病気の事で教えてください。 よこまろさん  2014-06-30 10:54 回答1件
猫の疥癬症と肉球の腫れ 山野中さん  2014-06-22 12:03 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)