終身保険の見直し 掛け捨ての医療保険 - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

終身保険の見直し 掛け捨ての医療保険

マネー 保険設計・保険見直し 2009/06/10 20:49

38歳の専業主婦です。現在終身共済に加入しています。掛け金が8339円で、終身共済で300万、定期特約で1200万、災害給付特約500万円、災害給付特約死亡割増特約1000万円、入院5日めからのがん倍全入院特約5000円が付いています。
入院1日から保障が付いた物に見直そうと思っています。
終身共済が150万に減って、入院1日目からのがん全保障付入院特約5000円のもので、掛け金が8000円になるそうです。
専業主婦でも終身共済って必要ですか?月額8000円の掛け金は高いんでしょうか?
これを、解約して、2000円〜3000円ぐらいの掛け捨ての医療保険にしたらどうか?とも思うんです。今は、女性向けの医療保険とかありますよね。
どちらがお得なんでしょう?
ちなみに、主人は終身共済と掛け捨ての医療保険に加入してます。

mayu824さん ( 愛知県 / 女性 / 38歳 )

回答:8件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険の件

2009/06/11 10:09 詳細リンク

mayu824さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今は、女性向けの医療保険とかありますよね。どちらがお得なんでしょう?』につきまして、加入している生命保険の見直しをして、終身共済部分が150万円と半額になってしまうのでしたら、無理に死亡保障を確保する必要性は乏しいかも知れません。

150万円ほどでしたら、わざわざ保険に加入しなくても、毎月支払う保険料相当額を積み立てていっいも確保できると考えます。

何よりも死亡保険は死亡したりしないと保険会社から給付されませんが、預貯金でしたら必要なときにとり崩して使えます。

尚、医療保障につきましては、掛け捨てよりも終身タイプで加入することをおすすめいてします。
医療保険につきましては、元気な今はあまり必要性は乏しいと思いますが、将来必要となる時期が多くの場合、やってくると思います。

そして、必要になったときに加入しようとしても、既に病気などの場合、加入できなかったり、割高な支払い保険料の医療保険になってしまったりしますので、加入するのでしたら今の内に加入しておき、60歳払い済みにしておけば、一生涯の医療保障を確保できます。

保険の加入に当たってもいろいろな考え方があると思います。
よって、mayu824さんが最もなっとくできる保険に加入するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

お気持ちで決められてはいかがでしょうか。

2009/06/11 10:31 詳細リンク

mayu824さんへ
おはようございます。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

どのような保険の掛け方が得かというのは、すごく悩ましい問題です。

掛金が高いかどうかですが、同じような保障であっても、60歳払い済みと終身払いでは毎月の保険料が大きく違います。
一般的には短期間で払い込んだほうが一生涯の保険料では得ですが、ライフプランの生涯キャッシュフローでは資産運用の考え方によって損得が逆転することもあります。

終身保険についてですが、
保険だと、加入された時からもしもの時のお金が準備できます。でも、ある程度の貯蓄が準備できていれば最初からいらないか、または保険から早く卒業できるように思われます。

掛け捨ての医療保険は、保障内容がお気持ちに沿っているものであれば問題ないのではないでしょうか。
医療保険は健康保険制度を補うものですので、ご主人のお勤めの会社の健康保険制度(自己負担、高額療養費など)をご確認されることをお勧めします。

保険料が安くなったことで生まれたゆとりを、どのように活かすかも考えられるともっと良いように思われます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

比較検討されては

2009/06/13 22:50 詳細リンク

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里です。

専業主婦でいらっしゃるので、死亡保障としては、過剰だと思います。
減額のプランもいいかもしれませんが、例えば、整理資金程度の終身保険と、終身保障の医療保険、がん保険と別々に加入されてもいいかもしれませんね。

保険料を比較検討されてから、考えられてもいいでしょう。
ご主人の保険も、必要保障額をきちんとだされて、合っているのか考えてみましょう。

詳しいご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

言葉ではなく金額を考えてみては・・

2009/06/10 21:04 詳細リンク

はじめまして、mayu824さん。
愛知県で''FP事務所 マネースミス''を営んでおります吉野裕一と言います。


現在加入されている共済の終身部分は300万円と一般的な考え方では整理資金と言う葬儀代などの資金を目的とした保障になると思います。

専業主婦の方ですと収入がありませんので、終身保障より定期部分が不要になってくると思います。


また、入院給付金1日目から保障を希望される方が多いですが、他の保障を減らしてまで準備する必要はあるでしょうか?

現在の保障では、ガン以外の怪我や病気では日額5,000円ですよね。

保障がされていない4日分の給付金は2万円です。

ガンの場合でも倍額の4万円です。

貯金をされていたりされているお金で賄える金額ではないでしょうか?

現在の資産を色分けされて、緊急予備資金としてある程度保有されておくと差額分は出てきますよね。

また保険料についてもお悩みですが、保障は保険料から考えるものではなく保障から考えてから保険商品を決めるべきでしょう。

現在の保障では、特約で死亡した場合の保障が多い分、保険料が高くなっているのではないでしょうか。

まず、何に対して保障が必要でその保障に対してどういった商品があるのかを考えられると良いでしょうね。

また何かありましたらご連絡下さい。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

ほしい保障は何ですか?

2009/06/11 08:24 詳細リンク

mayu824さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

mayu824さんが一番ほしい保障はなんですか?

死亡保障?医療保障?

現在お入りになっている保険の主契約は死亡保険ですね。
その特約についている医療保険ということは一生涯の保障ではなく、80歳までではありませんか?

保障がいつまであるかということは1日目からとかいうことよりも重大なことだと思いますがいかがでしょう?

もし、mayu824さんがほしい保障が老後の病気入院の家計負担を減らしたいということですと、終身医療保険を考えるといいでしょう。
またがんの保障はどうでしょう?

一般の病気よりも高額となるがんも一生涯ほしい保障ですね。
また入院だけでなく、通院治療も高いがんの場合は入院保障だけでは不足します。
合わせてがん保険も考えてはいかがでしょう?

終身医療保険とがん保険となると、葬儀費用としての終身共済まで続けると保険料負担が大きいのではないかと思います。

保険見直しを考える際はまず、自分にとって何が必要かを考えてみることが大切ですね。
それで、今の保険があっていなければ、あっているものに変えることを考えましょう。


終身共済の目的をはっきりさせてみては?

2009/06/10 22:03 詳細リンク

mayu824さん、こんにちは。

年金・保険相談を専門にしている中山社会保険労務士・FP事務所の中山です。

終身死亡保障の目的は、通常、長生きしてから亡くなっても、お葬式代を賄うことができるよう加入するのが一般的です。
お葬式代を保険で準備したい、という事であれば、死亡終身保障を共済で準備されてもよいと思います。
データによると、大抵の方でも200万円以上は掛かっていますので、主婦など、立場に関係なく保険で準備するという選択肢もあります。
終身共済には、解約した場合にお金が戻ってくる「貯蓄性」もありますので、それらも踏まえて保険料負担を考えてみるとよいのではないでしょうか。


医療保険に関しては、加入の考え方について、以下のサイトをご参考にしてみてください。

[[http://nakayama-sr-fp.com/useful/useful06.html

女性向けの医療保険もありますが、女性特有の病気だからといって医療費負担が大きくなるわけではありません。
その分だけ保険料が高くなっていることも念頭において検討してみてください。

少しでもお役に立てれば幸いです。


医療保険の見直しではなく、死亡保障の見直しを

2009/06/10 23:50 詳細リンク

mayu824さん、こんにちは。総合保険代理店[[ファイナンシャルアソシエイツ;http:financial-asso.comの藤井です。

医療保険の4日免責と1日目から出るものとの違いは、日額5千円で、2万円の違いです。わざわざ高い保険料のものに切り替える必要はないと思います。

それよりも、定期特約で1200万、災害給付特約500万円、災害給付特約死亡割増特約1000万円は、本当に必要でしょうか。

詳細をお聞きしないと分かりませんが、こちらの保障こそ見直すべきで、特に大きな保障の必要がなければ、この部分だけ解約されては如何でしょう。

見直しは、時として良くなるように見えて、実はメリットがあまりないことが多いものです。この機会に自分に必要なものは何かをしっかりと考えてみては如何でしょう。私どもでお手伝いできることがあれば、お気軽のご相談ください。


RE 終身保険の見直し 掛け捨ての医療保険

2009/06/11 12:02 詳細リンク

まいど!・おおきに!生きてるだけで丸儲けの大阪から書かせていただきます。


生命保険に大事なのは加入目的ですので、加入目的が明確であれば月20000円でも
価値観では高くないでしょうし、目的が無い場合は月2000円でも無駄掛けになってしまいます
死亡保障などは専業主婦ということもありますのでその金額が妥当かどうか検討する機会かもしれませんね、そうすると掛け金も安くなると思いまし、納得されて払い続けることが出来るでしょう。

私の話が少しでもお役に立てれれば幸いです!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

30代女性、保険の見直しを考えています。 ぽかりさん  2009-07-19 20:31 回答10件
保険の見直しについて質問させてください 小夏さん  2008-06-27 09:21 回答9件
必要最低限の保障に見直したい 611hさん  2007-11-08 19:32 回答7件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)