貯金の為の家計見直し - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

貯金の為の家計見直し

マネー 家計・ライフプラン 2009/05/23 23:39

年100万円の貯金をしたいのですが、家計を見直す必要があるのか・どこを改善すべきかご教授下さい。

夫婦・子1人(10ヵ月)
収入:27万円(手取り)賞与:60万(年)
支出
家賃:7万
学資保険:2万
生保:4万
電気・ガス・水道:1.5万
通信品(HP・CP):1.4万
食費:4万
小遣:2万
車経費:1万
子供雑費:1万
その他:2万

k・kさん ( 兵庫県 / 男性 / 31歳 )

回答:6件

山口 京子 専門家

山口 京子
ファイナンシャルプランナー

1 good

楽しみながら貯めましょう!

2009/05/24 01:19 詳細リンク

はじめまして、k・k・さん

オールアバウト家計管理ガイド
山口京子です。

10か月の赤ちゃんのパパなんですね。
学資保険にも加入なさっていて
将来のことをしっかり考えていらっしゃいますね。

ぜひ、かわいいベイビーちゃんのためにも
100万円、貯めてください。

ただ、残高を増やそう!と思うより、
なんのために100万円貯めるのか、
具体的な楽しい目標があると、貯金は成功しやすくなります。

さて、100万円貯めるには、
できるだけ、ボーナスを貯金に回せるように
毎月の家計の中でやりくりしましょう。

そして、支出は本当にこれだけでしょうか?
毎月、貯金できていますか?
ボーナスで帳尻合わせをしているとなかなかお金は貯まりません。
クレジットカードのボーナス払いはしないようにしましょう。

生命保険も、保険料の加入している期間
トータルの支払額と保障内容を
確認するといいですね。

毎月4万円+ボーナスを52万円貯金すれば
100万円は達成できます。
でも、長く続けるために無理はしないように。

楽しくお金を貯めるコツはこちらをご覧ください。
http://allabout.co.jp/finance/kakei/closeup/CU20090523A/

ご家族のお幸せをお祈りしております。

回答専門家

山口 京子
山口 京子
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
山口 京子 
03-6380-8619
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

家計管理から、保険、お金をふやす運用までアドバイス。

将来が不安と思っている人は多いけれど、そのために準備をしている人は少ないのです。今だけでなくも将来も、安心して暮らせる、お金の貯め方、守り方、ふやし方をお伝えします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

家計改善のポイントと貯蓄目標について

2009/05/24 09:33 詳細リンク

k・k・様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

年間100万円の貯蓄を遂行するには、
ボーナスの70%(48万円)を貯蓄に回すとして、月々約4.3万円の貯蓄額が必要です。
現在の家計を22万円で抑えることが目標になり、それにあわせた支出改善をご計画ください。

1.生命保険の見直しが必要です。年間48万円の支出です。
生命保険はもしもの際の、公的年金からの遺族年金(遺族基礎年金+子供の加算+遺族厚生年金)+死亡退職金+貯蓄+残されたものが仕事に就かれた収入で不足する分を保障するものです。

また医療保険も公的な制度である高額療養費制度と貯蓄で足ります。一度下記で確認下さい。
社会保険庁遺族年金ページ
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi04.htm
高額療養費制度吉野HP
http://www.officemyfp.com/kougakuryouyou.htm

その上で、県民共済やネット生命保険などの掛金と保障額を参考として見直しされるようお勧めします。見直しでの差はきわめて大きいものと予想されます。

2.お小遣いの半減にチャレンジください。
収入の26%を貯蓄に回すのですから、お小遣いは最小にされるようお勧めします。

3.他の支出は削る余地が少ないと思われますが、支出の大きなものから順に並べ、改善する・しないを決めて胃、する費目のみに削減計画を立てお取組みください。少しずつの積み重ねが大きな効果を生みます。

ところで、現在の収入の中から100万円の貯蓄をされると家計は緊縮財政になります。奥様とお話し合いになり、無理の無い貯蓄目標の設定をお勧めします。
出来れば貯蓄目標を10〜20%の間で設定されるようお勧めします

総務省統計局家計調査H19から、世帯主のみ働いている収入と支出と収入層別貯蓄額を掲載します、収入と支出の割合、各支出項目の比率を参考としたください

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計の見直しの件

2009/05/24 15:20 詳細リンク

k・k・さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『年100万円の貯金をしたいのですが、家計を見直す必要があるのか・どこを改善すべきかご教授ください。』につきまして、手取り月収金額27万円に占める支払い家賃の割合は26%ほどに収まっていますので、この水準でしたら支払い家賃が家計を圧迫するような心配はないと思われます。

尚、手取り月収金額27万円に占める支払い保険料4万円の割合は15%近い割合となっていますが、目安は10%ほどとなりますので、加入保険につきまして支払い保険料からは割高な状態になっています。

よって、生命保険につきましては、見直しの余地があります。

また、毎月の貯蓄につきまして、手取り月収金額27万円の10%〜15%となりますので、毎月3万円〜4万円は貯蓄するようにして、かつ、ボーナス収入をそっくりそのまま貯蓄することができれば年間100万円の貯金も夢ではありません。

頑張ってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

お金の理想と現実とのギャップを把握してみませんか。

2009/05/24 18:27 詳細リンク

k・kさんへ
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

家計の現状を拝見してみましたが、ぜいたくをされているわけでもないようです。かといって、なかなか貯蓄がふえないというもどかしさも感じておられるのかもしれませんね。

今は1年間でいくら貯蓄ができておられますか。
仮にボーナスのすべてが貯蓄できておられれば、毎月1万円しか貯蓄ができておられなくても、1年間の貯蓄はおよそ72万円となりますが、いかがでしょうか。
理想と現実とのギャップが分かれば、無理な努力をしなくて良い場合もあります。

家計を拝見してみて一番気になるのは、生命保険のことです。
学資保険も含めて毎月6万円ということですが、金額だけ見るとかなり多いようにも思われます。まずは、保障内容を確認されたほうがよさそうです。その中で、無理無駄があれば見直すことをお勧めします。
他の経費については、無駄なところを確認しつつ、少しづつ改善していくのがよいでしょう。無理に絞ると逆効果になることもあります。

毎年100万円の貯蓄を、どんなことに使ってみられたいですか。心の中で決まっていることはありませんか。この機会に、なんとなくやってみたいことに「何年後」とか「いくら必要か」といった区切りをつけられると、張り合いが出るかもしれません。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

3 good

見直しする部分

2009/05/24 07:00 詳細リンク

K・Kさん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

見直しする部分としては、下記のとおりです。

1 保険の見直しをすることにより、保険料の節約ができるかもしれません。

2 食費は、3万円以内にできるはずです。

3 車の使用目的が、仕事用、車がないと生活できない地域に住んでいるということでなければ、手放す。

4 その他の部分は、何に使っているのか。その部分で削れる部分はないのか。そこを点検してみる。

5 ボーナスは、基本的には、貯蓄に回す。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

1 good

月5万円、ボーナス40万円を目指してみませんか?

2009/05/24 10:15 詳細リンク

k・kさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

年間100万円を貯金するには
ボーナス時40万円とすると、あとは月5万円の貯金をすればいいことになります。
現在の収支は約1万円ですからあと4万円を捻出しないといけません。

保険を必要最小限で掛け捨てにすると、1.5万円ほどで確保できるでしょう。
ここでマイナス2.5万円
食費からマイナス0.5万円

あと1万円は奥さまが在宅ワークで稼ぐことを考えてはいかがでしょう。

学資保険ですが、お子さんの教育資金の積み立て→金融商品と考えるとあまり有利ではありません。積立投資信託などを検討しましょう。

これが保険料という出費から積立という貯蓄に変わると月7万円も貯金できることになりますよ。

目標を立てて貯金をすることは大切なことですね。頑張ってください。
アドバイスが参考になれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家を建てたい。家計診断をお願いします。 えりんごばななさん  2015-06-11 14:47 回答3件
家計の見直しについて(第2子出産&妻の退職後) happylifeさん  2009-04-01 02:06 回答5件
赤字家計の我が家で改善できること momoirosangoさん  2010-11-04 16:53 回答3件
出産後の家計診断(妻収入ゼロ期の乗り越え方) みんみんんさん  2009-06-15 19:40 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)