犬11才雄 去勢手術後の異変 - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

犬11才雄 去勢手術後の異変

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/03/25 19:23

最近、もともとは肛門に出来た腫瘍がきっかけで手術をしたのですが、その後お腹がパンパンに腫れ体力もなんくなったようです。
獣医さんがおっしゃるには、水がたまってしまっているらしく心臓のほうにも少したまってしまっているらしいのです。

今は利尿作用をもたらす薬をのませて排出とのことらしいのですが、なぜこのような症状がでてしまったのでしょうか?

ku-さん ( 栃木県 / 女性 / 31歳 )

回答:2件

RE:犬11才雄 去勢手術後の異変

2009/04/01 20:00 詳細リンク

腹水貯留は、心臓疾患、肝疾患、炎症性、腫瘍性、低タンパク質、循環障害など、様々な原因が考えられます。
今回の復水貯留は、麻酔時の血圧変動、点滴やその後の食欲不振による低たんぱく質などいくつかの原因が考えられますが、偶然、同時期に発症した可能性もあり、関連性についてはわかりません。
腹水検査にて、ある程度原因疾患を鑑別することが可能です。その他の部位に腫瘍が存在したり、心臓疾患が出現してもおかしくはない年齢ですので、原因を確認する上でも、血液検査、レントゲン検査、超音波検査を含めた全身検査をすることをお勧めいたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


犬11才雄 去勢手術後の異変

2009/03/27 06:50 詳細リンク

手術後、どのくらい日数で腹水が貯まってきたのかが、分かりませんので、手術との因果関係は不明ですが、お腹に貯まった腹水が、漏出性のものか、進出性のものか、癌性のものかで今後の治療は変わってきます。 肛門に出来た腫瘍が、良性の肛門腺腫だったのか、悪性の肛門腺癌であったのかも重要な診断になります。 悪性の場合は、お腹の中の腸骨リンパ節群への転移も考えられます。心臓の周囲にも貯まっているようでしたら、心不全、低タンパク血症なども考えられます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

犬の肛門周囲腺腫及び停留睾丸手術について horinobuさん  2012-05-06 03:43 回答1件
16歳のマルチーズです mikan_1234さん  2013-11-04 19:04 回答1件
シニア犬の去勢手術 gomashibaさん  2012-04-10 14:51 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

Canada Club - カナダ留学準備コース

カナダの小さな町で新しい留学モデルを経験するための準備コース(体験)

大澤 眞知子

Super World Club

大澤 眞知子

(カナダ留学専門家・英語教育者)

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

その他サービス 自宅(室内)の地震対策チェックとコーディネート
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)