犬の去勢手術は本当に必要か。 - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

犬の去勢手術は本当に必要か。

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2007/04/09 20:49

我が家にもうすぐ2歳になるオスのトイプードルがいます。
最近、こたつの布団にあそこをこすって射精することが増えました。そのたびに叱って
やめさせようとするのですが、こうしたことがストレスになるため、早く去勢手術を
したほうがいいとのコメントが、インターネット上では多い気がします。
ただ、去勢というのはやはり自然に反するような気がしてならないのです。
本当に去勢手術は必要なのでしょうか。もし、どうしてもしなければならないのなら
そのリスクはどんなもんでしょうか。

ベーブさん ( 千葉県 / 男性 / 57歳 )

回答:4件

犬の去勢手術は本当に必要か。

2007/04/17 15:16 詳細リンク

去勢手術をしたほうが良いかどうかは、多数の意見があると思われますが、手術をすることで、前立腺疾患の予防、男性ホルモンに起因する問題行動の改善は期待できます。問題とされている行動は男性ホルモンの影響による可能性が高い為、手術なしでは改善が望めない可能性があります。
手術の危険性は、事前の身体検査、血液検査により判断することが可能ですので、まずはかかりつけの獣医さんと相談されてみてはいかがでしょうか?

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


去勢手術

2007/04/10 10:42 詳細リンク
(2.0)

こんにちは。
25年犬猫の臨牀をやっていますが、去勢手術をしなかったばかりに、老後厄介な病気で亡くなっている犬を数え切れないほど診てきました。肛門周囲腺腫、前立腺癌、会陰ヘルニア、睾丸腫瘍など、あの時去勢手術をしていたら‥‥悔やみきれません。手術をしないリスクと手術するリスクでは、しない方がかなり高くなります。
ただし、マスターベーションは去勢しても治りませんので、本来ならば性成熟する前に去勢手術はすべきです。
最近では動物飼育先進国での去勢避妊手術は生後3ヶ月ほどでおこなっているようです。

評価・お礼

ベーブさん

列挙された病気が本当に去勢しなかったから
起きたものかが論議されていない。


犬の去勢

2007/04/13 09:22 詳細リンク
(3.0)

わたしもこの御意見は良くわかります。ただまず第一に人に飼われてる事自体がすでに自然ではありません。だからストレスの原因といわれるのです。沢山の犬の中で自由に飼ってて自然交配でもしているのなら勿論自然に近いですが。
現在、アメリカではホテルに去勢してないと預かってもらえないとか、ドックランには入れないという状態になってきているところも増えて来ています。現実に病院にも犬同士のけんかは殆んど未去勢と未避妊の犬が絡んだものです。それだけ不安定な時期があるということなんです。それがストレスと言われるところです。
あとこれに関連しての話ですが、去勢しないと起こりやすい病気に、前立腺疾患、肛門周囲腫瘍、会陰ヘルニアなどがあり、老犬になってからこれらの病気になる犬はかなり多く年齢が行ってから去勢せざるおえない犬はかなり増えてます。それも含めると早いうちに去勢をするのは良いことだとおもいます。
年取ってから、とか特殊な体質でなければ、殆んどリスクはないとおもいます。

評価・お礼

ベーブさん

丁寧な回答を有難うございます。
よく考えて決断します。


去勢手術

2007/04/16 10:06 詳細リンク

当院にワンちゃんの去勢手術にご相談に来られた場合のお答えを回答とさせて頂きます。まずどういう理由で去勢手術をなさりたいのかをお聞きします。ほとんどが次のような理由です。
1.メスのワンちゃんの発情期に元気、食欲が無くなり心配
2.ドッグランでメスのワンちゃんをしつこく追いかけ回して疎まれて可哀想
3.性格が厳しく、攻撃的
4.老犬になったときの精巣腫瘍、前立腺肥大、前立腺癌、肛門周囲腺腫、肛門周囲腺癌が心配
1,2,3はどちらかと言うと人間側の理由です。1,2の理由でこられた方には手術をお勧めしています。3の理由の場合には、しないよりは多少ましかもしれませんが、トレーナーにご相談なさった方がよほど効果がありますよと答えています。4の老後の疾患につきましては、去勢すれば精巣の腫瘍は100%起こりません。その他の疾患も低率に下げることができます。前立腺癌が中でも最も厄介な疾患ですが、その発生率は他の腫瘍に比べて高くありません。最近は獣医医療の麻酔技術が発達してきましたので、12,13歳のワンちゃんでも十分に手術はできます。当院では肛門周囲の腫瘍は局所麻酔下のレーザー切除手術または蒸散手術を行っています。

補足

もともと去勢手術は獣医領域の中でも簡単な手術の範疇に這入ります。しかしながら、あらゆる手術にはリスクがあります。術前に検査をしていても事故が起こってしまうことがあります。以前当院に来られていた方で、お引越しをされ新しくトイプードルを買われました。都内の有名な動物病院にお掛かりになっていたのですが、生後6ヶ月目に病院から勧められて去勢手術を受けられました。翌日まで麻酔が覚めず、結局覚醒はしたものの全盲になり、数週間後にやっと立ち上がれるくらいになったとご相談のお電話がありました。この病院でも相応の検査と技術を持って手術の臨まれたと思いますが こういう予期せぬ事故もないとは言えません。ベーブさんのワンちゃんの場合につきましては、手術を受けられたほうが良いと思いますが、ゆっくり決断して下さい。

(現在のポイント:95pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

去勢後の犬の変化(無駄吠え)について教えて下さい。 たこママさん  2012-12-21 14:25 回答1件
去勢手術(入院)について・・・ ただきみふーさん  2008-01-14 18:59 回答2件
中絶後の嘔吐 skkntoさん  2015-05-27 22:13 回答1件
犬の去勢手術 マイケル000さん  2014-05-26 07:41 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

お筝(琴)教室 レッスン&作法

お筝(琴)教室 レッスン&作法  お教室は広尾ガーデンヒルズ

松井 千恵美

桜ことスクール

松井 千恵美

(マナーコンサルタント)

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)