不況下におけるIT業界の今後 - ITコンサルティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ITコンサルティング

不況下におけるIT業界の今後

法人・ビジネス ITコンサルティング 2009/02/03 20:05

現在、プログラマーとしてIT業界に勤務しております。
メディアはもちろん、会社の状況、企業も広告費を抑え始めている現状、今後の自身、つまりIT業界が不安で仕方がありません。
制作会社はもとより、インターネットメディアという中で、仕事をしていくにあたり、引き続き、この業界で仕事をしていって、家族を養っていくことができるのでしょうか。
勤務している会社組織として、プログラマーを束ねる人材は、固定しており、その方がポストの座を譲らない限り、厳しい状況です。
制作会社に転職するにも、そもそも、制作物が少なくなってきそうですし、どう、動いたらいいのか不安で仕方がありません。
アドバイスありましたら、よろしくお願いいたします。

ぺんぎんはうすさん ( 東京都 / 女性 / 30歳 )

回答:8件

小坂 淳 専門家

小坂 淳
ウェブ解析士マスター

1 good

腰を落ち着ける時期です。

2009/02/03 20:24 詳細リンク
(5.0)

環の小坂です。

人ごとではない質問ですね。。。。

まず転職はしないほうがいいと思います。
今は規模の大小や経歴に関わらず企業がつぶれる時代です。
むしろ「今まで安定した会社」がその安定していた原因である「安定販路」の崩壊で厳しくなっています。
ですので、まずは今の会社に残ることを優先させたほうがいいでしょう。

次に企業がその業務から撤退しない限り誰かは残ります。
企業が生き残るためには「コストパフォーマンスの高い人」を残していきます。
同僚が辞めていくという事態が起きるかもしれませんが、
「社内戦争」に生き残れば、待遇が悪化することはあまりありません。
(なぜなら残った人は会社にとって貴重な人材だからです。)

そして、ポストについても同様です。
もし企業の経営が悪化した場合、特にエンジニア系の会社で
最初に不要になるのはエンジニアではなく、
「手を動かせない人」です。

厳しい言い方ですが、「固定しており」の方が辞めていく可能性もあります。

自分に実力があり、信念があれば、恐れることはないと思います。

※もちろん会社の業績はどこも厳しいようですから、
「生活を切り詰める」覚悟や行動は必要だと思います。

IT系業界は技術の発展により仕事量が減るという現象も起きていますので、
その中で生き残るのは真に実力がある人のみです。
ここを勝ち抜けば明るい未来が見えてきます。

評価・お礼

ぺんぎんはうすさん

ご丁寧にありがとうございます。

>最初に不要になるのはエンジニアではなく、
>「手を動かせない人」です。

頭の中で考えるのはただでも、手を動かすことは、既にコストが発生していまう。

以前のITバブルとは明らかに違った風が吹き始めていることだけは、感じ取れます。

おっしゃるとおり、どの業界においても、この状況が影響してきている、ここ数ヶ月で影響しはじめる現状、自身の生活を切り詰める、自身の生活をいかに守るか、という点を意識しつつ、生活をしていくことも重要だと思いました。

回答専門家

小坂 淳
小坂 淳
(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

1 good

必要以上に不安にならないで

2009/02/03 20:57 詳細リンク
(5.0)

おっと、まさに時代を反映したご質問ですね。


こんにちは。
チームデルタの谷口です。


ITが企業の基盤を支えるのが主な業務だった時代は、景気にあまり敏感ではなかったんですが、枝葉末節にまで欠かせない時代になった今、事情は大きく変わりました。
からだ巡り茶さんがおっしゃるように、この業界は激動に時代に突入します。

でも、これはあくまで概況です。
個々の企業において、優秀な人材には常にオファーがあり、ますます引く手数多になるんじゃないでしょうかね。

曖昧だったものが明確になるのが不況の時代。
すなわち、世の中に必要なものと不必要なものが線引きされるわけです。
こういう時代は悪いことばかりじゃありません。
誰もが不安を口にする時代でしょ?
からだ巡り茶さんまで一緒になって、不安を口にし、ネガティブな要素ばかり思い描いて心の中に壁を高く築くよりも、冷静に大胆に行動するほうがキャリアには役立つはずですよ。
不景気な時代は今回が最後じゃありません。
僕は今年はおもしろい時代になると思っています。
不安?
もちろん大いにありです。
でも、こんなの初めてのことじゃない。

1回や2回のキャリアの書き換えに不安がる必要はありません。
不安にばかり苛まれていては、チャンスの芽は見えませんよ。
からだ巡り茶さんが今持てるもの、不足しているもの、置かれてる環境、そして未来を、決して悲観することなく見つめてみてください。

プログラマーの需要が大きく減ることはないし、プログラマーってのは他のスキルと相まって案外幅の広がる職能なんですよ。
実は、僕はその典型だったります(笑)。
からだ巡り茶さんが興味があるのは、プログラミングだけですか?
この際、幅広く自分の興味やスキルを見つめなおしてみては?


ご参考になれば幸いです。
成功するWeb戦略とホームページ戦略のチームデルタ


谷口浩一

評価・お礼

ぺんぎんはうすさん

ご丁寧にご回答いただきありがとうございます。

>曖昧だったものが明確になるのが不況の時代。
>すなわち、世の中に必要なものと不必要なものが線引きされるわけです。
>こういう時代は悪いことばかりじゃありません。

私自身もそう思う点あります。色々と飽和している状況で、ある意味、白黒ついていいのかと。。。

プログラムというスキルも、気がついたら身についていたものでした。まだまだ、身に付けたいスキル、守備範囲も広めたいと思っていた矢先なので、今ある仕事で少しでも前へ進めればと思います。

ありがとうございました。

伊藤 友紀

伊藤 友紀
ITコンサルタント

- good

自分が会社を支えていくという心構え

2009/02/03 22:50 詳細リンク
(5.0)

コードワークス株式会社の伊藤と申します。

かなりお悩みのようですが、まずIT業界(といっても幅が広いですが)の状況ですが、私の雑感ではありますが、お察しの通り仕事が減ってきている方向であると思っています。
弊社でも、取引先の予算が減ったり、規模縮小をされた取引先などがあり、売り上げに影響を受けている現実があります。

さてご質問についてですが、からだ巡り茶様は現在お勤めの会社をどう思われているでしょうか?

単に仕事の対価として給料がもらえればいいと思われてるなら、何も未練はないでしょうからよりよい条件を探して転職されるのがよいかと思います。ただこのご時世なので、条件が合わないなら残留すべきでしょう。飛び出して行き先が無いのは不幸です。

でもそうではなく、自分の力で会社を支えていくんだ、という考えを持たれてはいかがでしょうか。

不況だとか、会社の方針が・・・とか、自分には合わないとか、逃げ口実を作って転職をすることは簡単です。しかし、それを繰り返している限り、どの会社に転職しても何か状況が不安定になる度に同じ悩みで苦しむ事でしょう。

積極的に会社活動に参加し会社の一員であることを再認識し、不況を乗り切る努力をし、会社の方針をよりよい方向に向け、そして最終的に自分にとっての天職であったと言えるようにと、考えられたらいかがでしょうか。もちろんこれだけ真剣に向かっても会社がダメならそのときは転職です。

からだ巡り茶様が会社について真剣に考えられるようになれば、上の方もそれに気づくはずです。もしかすると破れないと思っている上下関係の枠も大きく変わってくるかもしれません。

生意気な事を書きましたががんばってください。

評価・お礼

ぺんぎんはうすさん

ご丁寧にご回答くださり、ありがとうございます。

現在勤めている会社に対しては、不満もありません。
同業者の知人の話を聞いていると、やはり、制作費を抑え、いかに現状を守っていくか、という方向にシフトしているようです。
プライベートなことですが、これから、家庭を築こうとしているや先立ったので、知人の話や自身が勤めている会社の話から、今後の生活がとても不安になり、かえって、家庭を築くのは厳しいのではないかと、思い落ちてしまうことが多くなってきてしまいました。

ただ、ご回答いただいた通り、どの業界でも同じですし、やはり自身がしっかりしないといけない、ということに尽きると思いました。

ありがとうございました。

岡本 興一

岡本 興一
ITコンサルタント

- good

選択と集中が重要かと思います

2009/02/04 11:23 詳細リンク

日本のIT業界の売上金額の半分は金融系と言われていますし、その次に多いのが鉄鋼系と言われています。
これらの2業種が不況になるとIT業界全体の市場が縮小します。

とはいえ、中身を見れば、IT業界全部が厳しいわけではありません。
マクロ的には、従来の金融系や鉄鋼系は縮小傾向も、ネットは拡大しても縮小はありません。
「これからはネットへもっと力を入れます。」というユーザ企業が増えています。

ただし、先の従来型大手IT企業が、ネットにどんどん入ってきていますので、ネット以外のマーケットの縮小量と、ネットへ転換できるIT企業の量、さらに、ネットの拡大の量のバランス関係によっては、ネットだから必ず安心とは言えないと思います。

そうした中でも、鼻息が荒い企業というのは、たいてい何かきらっと光る、特徴を持っています。
多くは、総合的に何ができるかではなく、専門分野が明確で、これだけは誰にも負けない!という会社が強いのです。
得意分野に「選択と集中」できた会社です。

個人も同じで、「何でもできます」ではなく、「これだけは誰にも負けない!」というものを作ることができれば、何も怖れることはないでしょう。

弊社では、従業員に以下の様な話をしています。

「PGという仕事は、中国やインドなどの低コスト勝負になることが増えています。
設計書に基づいて作るだけなら、コストの安いところへ発注したいと考えるのは当然です。
ですから、言われたことを言われた通りにするだけではない何かをきちんと持つことが、勝ち残りの条件です。」


からだ巡り茶さんがご自身の強みを見つけられ、それに磨きをかけていかれれば、決して怖れることはないと思います。

ウィジット社長 岡本のブログ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一

望月 高清

望月 高清
ITコンサルタント

- good

きっと会社にとってかけがえのない存在になりますよ。

2009/02/06 16:06 詳細リンク

株式会社モッティの望月と申します。

プログラマー、SEの需要はさらに高まっていくと思います。
なぜなら今後ネットではさらに複雑に進化した新しいメディアがどんどん出てくるからです。

ですのでからだ巡り茶さんももっともっとたくさんの知識を得てレベルアップして下さい。
不安要素を消すためには自分を高めるために行動する事が一番です。

きっと会社にとってかけがえのない存在になりますよ。

アドバイスになっていないかもしれませんが
ご参考になれば幸いです。


望月高清


特に心配入らないと思います

2009/02/03 23:55 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、NBS峰崎です。

米国の金融不安に端を発した不況の風邪が吹き荒れています。世の中も、価格が下落して、デフレのような時代になってきました。

ただ、先日の日経新聞に書いてありましたが、

[[http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090202AT2C0200102022009.html:http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090202AT2C0200102022009.html

小売りは、ネットの一人勝ちです。これは家に居ながらにして、デパートでも購入できるものが安価に帰るからです。アメリカでもアマゾンの一人勝ちでした。

[[http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=NN001Y107%2030012009:http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=NN001Y107%2030012009

では、消費者はどうしてネットでの通販を利用するのかというと、これは便利だし、同じものでも安く買う事が出来るからです。しかも、ネット通販をしている企業は、自分のところで買ってもらうために、大変な努力をしています。

これらのシステムを構築しているのは、だれですか? からだ巡り茶さんのようなプログラマーの皆さんです。当社も、今大規模なサイトを構築していますが、どれだけプログラマーががんばっているか。

こういう大変なときは、続かないんですね。逆に言うと、これ以上下がる事はない訳ですから、後はあがるばかりです。このあがるまでどうするかというと、力量を高める事です。

力量が高ければ、からだ巡り茶さんのブランディングも上がりますから、仕事はあっちからやってきます。

ですから、今はご心配かと思いますが、是非是非からだ巡り茶さんの力量を高めてください。こういう時期だから、プログラム以外の事も勉強してもいかがですか。

思いついたように書いてしまったので、整理できていませんが、是非自分の力を高めてください。

評価・お礼

ぺんぎんはうすさん

ご丁寧にご回答いただきまして、ありがとうございます。

確かに大手デパートもニュースで拝見する限り、かなり、厳しい状況のようですね。

また、峰崎さんがおっしゃるとおり、今は、ある意味、冬眠時期だと思い、自信のスキルの幅を高め、春になったときに活躍できるよう、せっかく身についたこのスキルを高めていきたいと思います。

おこがましいですが、今だから見えるもがあるから得!と思うぐらいの気持ちで、IT業界の動きを見ていければな、とおこがましいですが、思うことができました。

ありがとうございました。


ネット業界は大丈夫だと思いますよ。

2009/02/04 09:07 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。

検索エンジン登録代行社の寺西です。

*結論から申し上げますと・・・
ネット業界は大丈夫だと思います。

確かに私のクライアント様、レジャー関係、小売業関係の方々のお話を聞くと、昨年末から少し受注が減ってきている状況であるとはお聞きしていますが、逆にHP作成会社、SEO会社、ソフトハウス、その他ネットに携わる会社の方々は、受注・引き合いが大きく増えているといわれています。弊社も例外ではありません。からだ巡り茶さんの仕事はまさにそれにあたりますよね。

大丈夫ですよ!一時的に多少の減少はあるかも知れませんが、花形の仕事です。自信を持って取り組んでください。

アドバイスでなく単なる励ましになってしまいましたね(笑)

評価・お礼

ぺんぎんはうすさん

励ましありがとうございます! パッケージ系のシステムも好調と聞きました。今年度一杯は、厳しいかなと思いますが、この業界以外では働くことが、ある意味できないので^^;がんばっていきたいと思います!


ご自身に付加価値を

2009/06/03 11:48 詳細リンク

ひけしやの佐藤と申します。
よろしくお願いします。

私も19歳の時にプログラマーとしてこの業界に入り、今年で23年になります。
現在は情報セキュリティ・ISOコンサルタントとして活動する傍ら、システムエンジニアとして業務を行っています。

考えてみれば私がこの業界に入った時は右肩あがりでしたが、昨今では開発単価の切り詰めも影響し、なかなか厳しい状況になってきています。

また外国人技術者の流入やオフショア開発の影響もあって、単にプログラマーとして仕事をしてくには、先行き厳しい状況であると言わざるを得ません。

でも反面、これは最近、私が営業の傍らで見聞きする事ですが、お客様と技術者の橋渡しができる人が少ないようです。

ですからIT業界で、これから生き抜く秘訣の一つは、開発だけではなく、お客様の業務を理解しながら、業務改善のシステムを提案できる技術者ではないかと思います。

そうなりますと、単に技術力だけではなく、会社の業務に関する事や経営に関する事も知らねばなりませんし、コミュニケーション能力を付けていく必要もあると思います。

以上の事から、会社に依存するのではなく、自分自身にどの様な付加価値を付けていくのかを考えられた方が良いかもしれません。

少しはお役に立てましたか?

なにかありましたら、遠慮なくご相談下さい。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

社内での広告事業の取り組みについて たか9900さん  2010-11-15 12:49 回答5件
受注管理ソフト、今後の運営について xxzeroさん  2009-06-14 20:31 回答9件
非常時を想定して、Webサイトの管理を分散させたい 専門家プロファイルさん  2009-02-12 19:21 回答6件
SEOについて gemini2kさん  2013-08-02 23:02 回答1件
請負のシステム構築における追加要件 mtさん  2009-01-31 20:02 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

西野 公啓

株式会社ニシノ・アイティ・オフィス

西野 公啓

(ITコンサルタント)

田中 紳詞

株式会社Exciter

田中 紳詞

(経営コンサルタント/ITコンサルタント)

田中 紳詞

株式会社Exciter

田中 紳詞

(経営コンサルタント/ITコンサルタント)