登記簿謄本への免許類の記載について - 企業法務 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

登記簿謄本への免許類の記載について

法人・ビジネス 企業法務 2007/03/23 11:26

登記簿謄本を見れば、お客様がどんな免許を持っているのか分かるのでしょうか?
例えば、お客様が「一般酒類小売業免許」を持っている場合、そのことが登記簿謄本には記載されているのでしょうか?

いろをとこさん ( 岡山県 / 男性 / 41歳 )

回答:2件

近藤 総一

近藤 総一
行政書士

- good

登記簿謄本への免許類の記載について

2007/03/23 14:21 詳細リンク

残念ながら、登記簿謄本を見ても、許認可等の記載はされていません。
取引先が、「一般酒類小売業免許」を持っているかどうかは、国税庁の次のページをご覧になるか、
http://www.nta.go.jp/category/sake/03/mokuji.htm
取引先の地を管轄する税務署にお問い合わせください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


「登記簿謄本への免許類の記載について」のご回答

2007/03/26 10:19 詳細リンク

ご質問の件ですが、

登記事項(いわゆる登記簿謄本に書かれているもの)にある会社の目的と、
実際の事業内容は一致しないことが多くあります。

とは言うものの、その関係は
「登記事項上の目的の範囲が、実際の事業内容を包含している」
という風に理解してください。

つまり、この場合「酒類小売業」を営むためには会社の事業目的としてその旨の記載が必要である(逆に、会社の事業目的にその旨が記載してあっても、実際に事業を営んでいるかは判らない)ということになります。

ここまでがご質問の回答です。

ちょっとだけややこしい話を書きますが、実はこの「登記上の事業目的」について、もっと緩やかに規定していいんじゃないのか? という議論が出ましてパブリックコメントを募集していたんですね。

http://web.moj.go.jp/PUBLIC/MINJI65/result_minji65.html

で、その結果「会社法施行後の登記官による登記の申請書に記載された目的の審査に当たって,当該目的が具体的に記載されているか否かの観点からの審査は行わないこととしました」という方針になりました。

http://www.moj.go.jp/PUBLIC/MINJI65/result_minji65-1.html

現在は会社の事業目的に具体性を要求することはなくなりましたので、極端な話「何でもできます」という目的も(登記上は)可能になったのです。

もちろん個々の許認可申請では、やはり事業目的にその旨を明記することが要求されています。

#わざわざややこしい話を書いてゴメンナサイ

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社登記住所変更期間について discoverさん  2013-09-14 04:38 回答2件
法人登記を県外の実家にした場合のデメリット 0356003671さん  2011-05-10 12:21 回答1件
複数代表取締役中の1名が退任した場合 jazzkazzさん  2009-12-10 19:10 回答1件
株の未登記について ayananaさん  2009-06-04 21:35 回答1件
有限会社の解散について サカドさん  2008-10-15 13:21 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)