後遺症の治療 - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

後遺症の治療

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2007/01/25 21:52

はじめまして
子供時代に公園の塀から落ちて背骨を骨折、バイクに乗って事故りトラックに巻き込まれて足首の靭帯損傷、肩関節が生まれつきゆるくて脱臼癖があるなど怪我の多いことには自信があります。
しかし実はお医者さま大嫌い、白衣を着ている人を見ると寒気がするので今まで完治するまできちんと医者に通って治療を受けたことはありません。みな途中で「痛くないからいいや」で打ち切ってしまいました。
(これは子供時代の怪我で入院中に医者にセクハラを受けたせいかもしれません。それ以降白衣を着ている人を見るだけで具合が悪くなります。。)
ただ冬場になると昔の古傷がジンジン痛んだり歩いていてすぐこけたりします。今からちゃんと治療をすることって遅すぎますか?またお医者さまでないマッサージとかの先生もやはり白衣を着ているのでしょうか?
「白衣が苦手なので脱いで治療して欲しい」なんてワガママを言っても怒りませんか?

ちょめたろうさん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

回答:14件

手塚 幸忠 専門家

手塚 幸忠
鍼灸マッサージ師

- good

遅すぎることはないですよ。

2007/01/26 00:50 詳細リンク

はじめまして。

まず、古傷を今から治療することについて、完治するかは実際に拝見していないので分かりませんが、症状を軽くする事はできると思います。古傷は周りの組織が固まってしまったり、伸びが悪くなってしまっている事が多いのです。それを様々な治療でゆるめて行く事ができますので、悲観なさらずに、一度治療を受けてみることをお勧めします。

白衣の件についてですが、マッサージ店で制服がある所以外は、医療関係であれば、ほとんど白衣を着ていると思います。しかし、私達のような鍼灸やマッサージ、カイロ等の場合は、治療院によっては脱いで治療してもらうのは可能だと思います。複数の患者さんを一度に診られる先生の場合は一人だけ白衣を脱ぐことは難しいと思いますが、1対1で治療される先生の場合は相談すれば大丈夫だと思います。メール等で事前に質問できる治療院を探して、相談してみると良いと思います。

白衣を脱いでなんて我ままを言っても怒りませんか?とのことですが、もし怒るような治療院だったら行かない方が良いと思います。ちゃんとした理由があるのですから、それを説明して、理解してもらえる先生の所に行かれる方が、安心して治療を受けられますし、治療効果も良いと思います。

このAll Aboutでもインターネットでも、また周りの人の評判でも良いので、色々参考にして治療院を探してみて下さい。

良い先生が見つかるといいですね(^^)!
それでは、

------------------------------
銀座マロニエ通り治療院
手塚 幸忠
http://www.ginza-maronie.com/
------------------------------

回答専門家

手塚 幸忠
手塚 幸忠
(東京都 / 鍼灸マッサージ師)
鍼灸マッサージ治療室 銀座ルーチェ 副院長

心身のバランスを整え、ストレスからくる症状を改善へ導きます

肩こりや腰痛、冷え症、むくみなど、体のつらい症状には人それぞれ異なった原因があります。当治療院は、それぞれの方に合ったオーダーメイドの治療で、心と体の健康のお手伝いをさせて頂きます。様々な症状に効果が期待されますので、お気軽にご相談下さい。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 英司 専門家

山中 英司
カイロプラクター

- good

白衣は着ていませんよ。

2007/01/26 01:12 詳細リンク

古傷の痛みと白衣の間で、苦心されているようですね。
お気持ちお察しします。

私は、どうも白衣を着ると「お医者様」みたいな偉そうなイメージがして、患者様と同じ目線で関係が築けないのではないかと感じて、使用していません。

そのせいか、病院嫌いの子供たちにも好評で、「病院は嫌いでも、ここは好き!」と言ってもらえます。

白衣一つで、見方って変わっちゃうんですよね。

それと、古傷のお話ですが、遅すぎることはないですから、ぜひ、この機会に治療院へ行かれる事をお勧めします。

病院では、通常、器質的病変を得意としています。しかし、古傷の場合は、機能的病変が残っている状態なので、病院よりカイロプラクティックや鍼灸などの治療院の方が、得意とするところなのです。

私の専門のカイロプラクティックで説明しますと、怪我をしたときに生じた、神経系のバランスの崩れを正常な状態へ戻していきます。
(古傷の慢性化に関するお話は、私のコラムに詳しく書いてありますので、ご一読いただけると幸いです。)
https://profile.allabout.co.jp/pf/yamanaka-chiro/column/detail/7128

ご縁がありましたら、ぜひ当院へお問い合わせください。
病院嫌いが変わるかもしれませんよ。

山中英司

回答専門家

山中 英司
山中 英司
(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

檜垣 暁子 専門家

檜垣 暁子
カイロプラクター

- good

後遺症の治療

2007/01/26 17:00 詳細リンク

ちょめたろう 様

こんにちは。今までに様々な怪我をされているようですが、治療は今からでも遅くありません。以前に痛めた組織は、今後徐々に痛みなど症状の出る方向へ進まないとも言い切れませんので、この機会に、信頼できる先生を見つけられ、治療に踏み切れることを願っております。

治療では、患者様がリラックスした状態で行うことが、とても大切になります。ですから、白衣をやめてほしいという患者様に対しては、白衣を脱いで治療をしています。

小さなお子様や、病院が好きではないという方には、白衣が苦手な方もいらっしゃるため、患者様に合わせて対応させていただいております。白衣を脱いでも、治療方法には支障はありませんし、ちょめたろう様の場合は、白衣ではないことで、緊張が解け良い状態になると思いますので、治療院にその旨を問い合わせてからの受診をおすすめいたします。(それで、怒り出すような治療院は避けたほうが良いと思います。)

回答専門家

檜垣 暁子
檜垣 暁子
(カイロプラクター)
あきカイロプラクティック治療室 副院長

快適な状態で日常生活を送ることが、どれだけ楽かを伝えたい

何が原因でつらい症状が出てしまうかをご自身がお気付きになることが、施術を進めていく上でのポイントになると考えています。私の経験した「神経の働きが良くなるとこんなに楽になるんだ!」という感動を、多くの方に知って頂きたいと思います。


白衣について

2007/01/25 22:44 詳細リンク

ちょめたろうさま

「怪我の多いことには自信があります」との表現ですが、実際、お辛いことと思います。

白衣が苦手というのは、(実は私もそうなのですが、)困りましたね…。

文章がお上手なので、ユーモアをまじえてお書きいただいていますが、セクハラがらみとのことで、大変なご経験をされていることとお察しします。

実を言うと、私も身内に医師が居まして、多分ですけど、お気持ちは分かります。

(別にお医者さまに反意を持っているわけではないですからね。あしからず。)

「白衣恐怖症」という診断名(?)もあるくらいで、お医者さんに限らず、理解ある(まともな!)治療家であれば、「怒る」などということはないと思いますよ。

さて、個人的にいうと私は白衣を着ません。良くも悪くも「白衣=権威」ということで捉えられてしまいますし、フレンドリーな姿勢で皆様と接したいと思うからです。

さすがに、ジーンズにTシャツというわけにはいきませんが、私は出来得る限りカジュアルな格好で皆さんに接しています。(まあ、普段がカジュアルなので、白衣が照れくさいというのもあります。)

お断りしておきますが、これはあくまでも私の個人的な好みです。白衣の先生を決して批判をしているわけではないので、その点はどうぞご理解ください。

要は白衣を着ていようが、着ていまいが、療法士としての資質が一番大切ですよ、ってことですね。

最後になってしまいましたが、背骨の骨折や足首などの外傷、どなたにでも結構ですので、信頼できる療法士の方に早く診てもらってください。

たぶん、女性の先生がいいのでは?このサイトでも、写真の感じでもいいので安心できそうな先生にメールしてみたらいかがですか?

長文になってすみません。また、ご質問があればいつでもご連絡くださいね。

早く良くなりましょう! 応援しています。


是非筋力強化を!!

2007/01/26 00:17 詳細リンク

はじめまして、ちょめたろうさん。

まぁ、あまり白衣の好きな方はいませんよね。

古傷なので、どこまで回復するかは分かりませんが、

どうしても白衣が嫌なら、自分でトレーニングすること

をお勧めします。例えば、すぐにこけちゃうのは、以前

に痛めた足の靭帯が伸びてしまい、足の関節の安定性が

無くなってしまった状態です。骨と違って、靭帯には

自己再生機能がないので、伸びてしまった靭帯はそのま

まです。なので靭帯の代わりとなる筋肉・腱を鍛えて

代償させることが重要です。

鍛え方は、柱などに固定したゴムチューブを足首に引っ

掛けてグイグイと足を反るように繰り返し運動すること

です。(毎日3分くらい)

数年前の怪我ですから、どこまで回復するかは分かりま

せんが、やってみる価値はありますよ。

諦めないで1度やってみて下さい。


今の状態を少しでもラクにしましょ☆

2007/01/26 10:02 詳細リンク

ちょめたろうさん こんにちは

マッサージ&鍼灸接骨院オリーブのクリコです。

怪我が通常の状態に戻れるかは、実際診ないと分かりません。
(切れた靭帯は古くなってしまったら非観血療法(保存療法)では繋げないのです。 脱臼も同じで関節包なども元に戻るには初期の治療が大事なのです。)

ただ、解決できることは、負担になって出ている痛みはや転びクセは少し改善できると思いますよ。

あきらめないで 少し治療を始めてみませんか?

白衣が苦手な人大勢いらっしゃいますよ。
子供もそうだしね。 だから子供の怪我の処置の時は白衣は脱いだり、上から他のものを着たりします。

(実際top画像の白衣は授業の時がメインで着ますが、院内の仕事でほとんど着ませんし 水色なんですけどね
その場合も)

だから、苦手だから脱いで欲しいなんて全然問題ないですよ。

それより私はキチンと最後まで治療して欲しいですもの
その方が、その人にとって大事な事ですからね。


白衣嫌い

2007/01/26 10:28 詳細リンク

白衣嫌いの方、多いですよね。

当院(提携先のアーバンクリニック含め)は、白衣禁止です。
理由は色々あるのですが、
1.えらそうに見えたり、
2.白衣を見ると怖い人がいたり
3.白衣を見るだけで高血圧になったりと
色々な理由があるからです。

また、治療に遅いはありません(もっと早くお見えになっていれば、治療期間が短くて済んだのに。。はありますけど。)

ただ、靱帯が切れたり、骨折していたりと身体の「形」が変わっているところがあるので、定期的なケアが必要となると思われます。

信じられる先生を見つけられることを祈っております。


筋力の強化を!

2007/01/26 10:42 詳細リンク

ちょめたろう様 はじめまして

幼少の頃よりのおケガ、脱臼癖、そして医師によるセクハラ行為、白衣恐怖症と散々な思いをして非常にお辛いことと思います。同じ白衣を着ている医療人として、そのようなセクハラ行為をする医療人に怒りを覚えます。

私自身は白衣を脱いで診療することは全然問題ありません。
患者様から信頼してもらえること、そして安心して治療を受けていただくことが何よりだと思います。要は、信頼できる人格かということです。

後遺症の治療のほうですが、どのような状態なのか、診察してみないとはっきりとお答えすることはできませんが、足首の靭帯損傷、肩関節の脱臼癖に関してましては、関節周囲の筋力を強化することで良くなると思われます。

もし、診察を受けることに抵抗を感じるようでしたら、スポーツクラブに行ってみたらいかがでしょう?

今は、スポーツクラブのスタッフ、インストラクターも人体や、ケガのこと学んでいる方が多くいますので、体の状態を説明すれば、きちんとしたトレーニング方法を教えてくれると思います。

ご参考になれば幸いです。
また、ご質問がありましたらお寄せ下さい。
どうぞお大事にしてください。


白衣について

2007/01/26 13:15 詳細リンク

ちょめたろう様

白衣がお嫌いな方は、多いですね。
逆に、白衣だから安心できる、と見られる方もいらっしゃるようです。

私も、カイロプラクターがなぜ、白衣を着なければならないのか、
と学生インターン時代に考え、歴史まで紐解いたことがあります。

これは、元々外科手術での衛生面(患者さん、医師の両方)を考慮することが始まりだそうです。今では考えられないことですが、手術を行う初期の時代では、白衣を着用せず行っていたようですね。

私は、この歴史に学び、第一に、患者さんの身体に触れる以上、衛生面を考慮して、常に白衣を着用しています。やはり、外出したり、トイレに入るのと同じ服装であるのは、良くないことと思っています。また汚れにもすぐ対処できるよう、常に予備も用意しています。

あとは、やはり、白衣の袖を通すと、とても気の引き締まる思いで、患者さんと接することができます。もちろん、服装で変わるものであってはいけませんが、私自身、そのように感じています。

ですが、白衣が嫌いとおっしゃる患者さんでは、その方の前では、毎回白衣を着ません。そのことは、患者さんとのお話合いで決めます。(私の方からは、白衣を着なくてもよいでしょうか?と許可を得ます。)

ですので、これは、上手くコミュニケーションが取れる関係であるか、といったことになると思います。そのような先生を選ばれると良いですね。

最後になりましたが、治療が遅すぎる、ということは決してありません。

むしろ、今後、加齢による変化も考えなければなりませんから、それについては予防と考えることもできますよ。


後遺症の治療

2007/01/26 14:45 詳細リンク

ちょめたろう様

「白衣が苦手なので脱いで治療して欲しいなんて」ワガママを言って怒りませんか?という事ですが、ワガママなんで、怒ります!なんて事言う先生はいないと思います。

特に予約でやってる先生はその時間だけ脱げばいい事ですから。でも私は予約の時は道着を着てるので、余計恐く思って、気持ち悪くなるかも知れませんが、、、。(*^。^*)?

それに、所謂古傷が痛むのですから、それは治した方が宜しいと思います。

何故なら、それによってかなり、そこだけではなく、あちこちに歪み、ズレをおこして、体調そのものがおかしくなるからです。もうすでにおかしくなってらっしゃるかも知れません。

肩関節、足首の緩みは少しづつ、筋肉をつけるしかありませんが、関節、筋肉を良い状態にして、筋肉をつけたほうが絶対いいです。それは治療していくしかありません。

良い治療を受けられる事をお勧めいたします。


後遺症の治療について

2007/01/26 14:55 詳細リンク

ちょめたろう さんへ

幼少の頃からいろいろ経験されたのですね。
私の臨床経験を踏まえてお答えいたします。

年齢と経験年数が不明ですが、基本的には治療はいかなる場合でも可能だと思います。通常は事故後、年数が経過すると損傷部位が骨化したりして、変形することがあります。またそれに伴う二次的な問題も発生しえるので、一度きちんと検査を受けられて治療を受けられることをお勧めします。

一般に整形外科ではレントゲン、MRTなどの画像診断に依存するのに対し、カイロプラクティックでは機能検査の他コンピュータにより全身の問題を割り出していきます。

治療をも整形外科の電気物理療法を行なうのに対して、カイロプラクティックでは全身の機能治療を行ないます。

白衣の件ですが、よく子供が幼児のとき、注射や怪我の処置などで痛い思いをすると、それが脳裏に残って白衣を着た先生を見ると、またやられるのではないかと恐怖感がつのり拒否するようになってきます。

しかし、1度痛い思いをしなくなると白衣を見てもそんなに恐怖感がなくなってくるものです。
治療する側は患者さんのご希望には極力お答えするようにはしています。

以上、ご質問に対する回答といたします。


白衣は大丈夫

2007/01/26 17:29 詳細リンク

ちょめたろう様

はじめまして。
子供時代に受けたセクハラのことは非常に許しがたく、憤りを感じました。 そして、今まで治療が中途半端になってしまっていた事も、仕方のない事だったと思いました。
普段、私は白衣を着ておりますが、他の先生方も言われていたように、白衣が嫌いであると言えば、脱いで治療に当りますので、白衣に関しては治療を受ける先生に気軽に相談してみたら良いとおもいます。
治療に関しては、遅すぎることはありませんが、背骨の骨折や、靭帯損傷、肩の脱臼などの既往歴や症状などを考えて、体にアンバランスな状態が引き起こされていると思われますので、治療を受けていただきたいと思います。


ここで情報収集を!!

2007/01/27 17:46 詳細リンク

返事が遅くなりすいません。
TRINITYカイロプラクティックの黒崎です。

本当に色々怪我をされている様ですね。辛いでしょうが、''何事も前向きに考えていると素敵な人生が送れる''と何かの本に書いてありましたよ。

治療に遅いなんて事はありません。思い立ったら吉日!この場で色々な意見を参考にして早めに対応しましょう。
白衣嫌いなら、病院は難しいですね。しかし、マッサージに通われても対処療法ですし、問診・検査を行ってくれるカイロプラクティックが個人的にはお勧めです。電話で事情を話して、白衣を脱いでくれるのか問い合わせてから来院しましょう。

冬場に症状が再発しやすいとの事ですので、血行が関与していると思われます。貼るカイロなどでも少し位なら対処できると思いますので試してください。では、お元気で。


後遺症の治療

2007/10/11 21:04 詳細リンク

ちょめたろう様
ご質問ありがとうございます。
私はカラダの歪み調整専門の代々木カルム治療室の押小路と申します。

白衣着ている先生をみると、それだけで緊張してしまうことってありますよね。
白衣性高血圧といって、看護師さんやお医者さんを見るだけで血圧が上がってしまうこともあります。

ただそれとは別に、怪我の治療はしっかりとやったほうがよいと思います。

交通事故による身体の歪みは様々な症状の原因となります。

ちなみに私の治療室では白衣は着ないで施術に当たっていますので、是非一度試してみて下さい。


*代々木カルム治療室
押小路康忠
新宿/整体 骨盤・体・顔の歪み(ゆがみ)の矯正
新宿駅南口6分 代々木駅2分 南新宿駅 3分
予約制 03-5371-0780

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

バランスと揉み返し 柴田さん  2008-01-09 08:44 回答5件
睡眠の質を高めたい 隆子さん  2007-11-21 09:51 回答7件
鼻骨骨折してからの症状 くりーむさん  2007-03-24 12:10 回答12件
どこで診察してもらうのがいいのかわかりません。 さくらきつねさん  2010-10-14 15:52 回答1件
首の痛みがもうずっとあります reira0430さん  2010-03-27 06:06 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

【電話カウンセリング】なるべく早く聴いて欲しい!相談したい!

なるべく早くご相談したい、話を聴いて欲しいといった方に対応します

小日向 るり子

フィールマインド

小日向 るり子

(心理カウンセラー)

みき いちたろう

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター

みき いちたろう

(心理カウンセラー)

対面相談

東京・銀座の心療内科・精神科

夜間・土日も診療しています

茅野 分

銀座泰明クリニック

茅野 分

(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))