扶養から外れるタイミング - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養から外れるタイミング

マネー 年金・社会保険 2008/03/15 00:40

現在、数カ所にて兼務しておりますが、年収130万未満のため夫の扶養に入っています。扶養手当は月に1万3千円でております。4月以降、さらに兼務する場所が増え、年収が130万を超えます。しかし、どの職場でも社会保険の適応にはならない働き方です。国民健康保険に切り替える必要がありますが、どのタイミングで国保に切り替えると良いのでしょうか。4月からの職場との契約時には外れる必要がありますか?それとも130万を超える寸前まで待っても良いのでしょうか?年収は190万〜200万になる見込みですが、これは本当は損でしょうか?

wani-kabaさん ( 北海道 / 女性 / 43歳 )

回答:1件


基準を超える見込があればその時点で

2008/03/15 17:43 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、wani-kaba様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

扶養認定基準は年収130万円未満です。月額に直すと130万円÷12月≒10.8万円となり、日額に直すと130万円÷360日≒3,611円になります。

数カ所に兼務されていても、労働契約で月額、日額がいくらになるかわかると思いますので、その合計月額あるいは日額が基準値を超える見込があればその時点で扶養を外れることになり、国民年金、国民健康保険に加入しなければなりません(時間給の場合は通常の勤務時間をかけて求めてください)。おそらく契約時になるでしょう。

扶養を外れても年収140万円〜150万円あれば、家計に寄与しますが、できれば勤務先を絞って、ご自身で社会保険に加入できる働き方をされてはどうでしょうか。健康保険は独自の給付もありますし、厚生年金は将来の年金を増やすことができメリットは大きいですよ。

評価・お礼

wani-kabaさん

牛尾先生、丁寧な回答をありがとうございました。夫が共済年金のため、扶養を外れて160万働いても、扶養手当やその他の手当や税金計算を考慮すると家計に寄与できるかどうか微妙であると言われた事があり、扶養から外れる事を躊躇していました。実際に国民年金と国民健康保険料を併せてどのくらいの支出することになるのか検討がつかないので、余計に不安でした。先生のおっしゃるように社会保険に加入する働き方がベストなのですね。複数働いているどの職場も、社会保険にかからない働き方を望まれており、難しい状況です。しかし、少しでも家計の足しに働きたく、このような状況におかれています。 今後社会保険の加入できる働き方を検討していきたいと思います。ありがとうございました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

今のまま働くと働き損になりますか? mykrh2oさん  2011-11-10 17:46 回答2件
出産手当金、育児休業給付金について こりらくまさん  2010-09-17 16:39 回答1件
現職(派遣)を辞め次の職につくまでの社会保険等 みちよさん  2008-04-17 06:48 回答2件
扶養と国民健康保険料について taketyanさん  2007-10-01 21:54 回答1件
失業保険と再就職手当 社会保険任意継続 ももみけさん  2017-05-24 10:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)