相続時清算課税について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続時清算課税について

マネー 税金 2008/03/03 02:18

相続時清算課税の適用について教えてください。
昨年、土地を1500万で購入、建物を3000万で建築し、現在入居済みです。それぞれ別業者との契約です。
妻の母親から1000万の資金援助を受け、土地の購入資金に当てました。土地の名義は100%妻、建物の名義は100%私となっております。このような場合、相続時清算課税の特例の適用はできないのでしょうか。妻の母親は65歳未満です。また、適用できない場合、どのように処理すれば最適でしょうか。よろしくお願いします。

ぶっさんさん ( 千葉県 / 男性 / 34歳 )

回答:1件

中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

相続時清算課税について

2008/03/03 20:21 詳細リンク
(5.0)

今回のケースでは、奥様の母が65歳未満とのことですので、その資金の贈与が住宅取得等資金の贈与の特例に該当しなければ相続時精算課税は適用できません。
また、土地の取得のみに充てられた資金であれば、住宅取得等資金には該当しないことになりますので、結果として相続時精算課税は適用できないことになると思われます。
そのまま通常の贈与を受けたということにすると暦年課税での贈与税が課税されることとなり、仮に奥様が昨年中の他に贈与を受けていないとしても231万円の贈与税が課税されます。
この1000万円が贈与とならないようにするには、土地の持分をその1000万円分だけ母名義にする(1500万円の土地であれば2/3が母)か、母からその1000万円を借りて土地を購入したという形にすることです。
なお、親子間の金銭の貸し借りは実態が贈与であれば贈与とみなされて贈与税が課税されてしまいます。通常の借入金などと同様に定期的に一定額を返済するなどといった実態がなければなりません。

評価・お礼

ぶっさんさん

丁寧で分かりやすい回答ありがとうございました。聞く当てもなく困っていたため、非常に助かりました。どうもありがとうございました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅資金の贈与、非課税枠拡大は土地代にも適応する? シェルクリームさん  2010-08-02 23:04 回答1件
土地建物の譲渡所得税について ぼんてんさん  2012-05-21 16:02 回答1件
相続時精算課税について yujicさん  2008-02-25 01:44 回答1件
住宅取得等資金の贈与と別に親の出資分を共有名義 もももねこさん  2016-05-15 11:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

たったの30分!安心、らくらく、住宅ローン控除申請代行

サラリーマンの方へ。面倒な確定申告を税理士に任せませんか。余った時間は仕事や家族サービスに。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、ストックオプション確定申告代行

ストックオプション。確定申告しないと最悪懲役刑や罰金が科せられます。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)