保険の見直し - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の見直し

マネー 保険設計・保険見直し 2008/02/06 20:20

私は29歳のサラリーマンで年収は360万円、妻は26歳の専業主婦で収入は無しです。
現在、加入している保険は、私はJAの終身共済(終身共済契約・定期特約・生活保障特約定額型・災害給付特約・がん全保障付全入院特約)185023円/年、妻は県民共済(総合保障4型・医療1型特約・三大疾病2,4型特約)7400円/月の保険内容・保険料です。
身の丈にあった保険が分からず、見直しが必要なのかも分かりません。どうかアドバイスをお願いします。

ひめだかさん ( 福岡県 / 男性 / 29歳 )

回答:11件

保険の見直し お答えします。

2008/02/06 20:47 詳細リンク

貴方の街のファイナンシャル・プランナー FP 富田浩司 です。

保険の見直しですが 今が見直し時期です。


理由は 現在の保障内容が 合っているか ひめだか様が 解らなくなった

と言うことは 最近入られた保険では無いと 思われます。


保険の見直しは 新たな保険に入るだけが 目的ではありません。

現在の ひめだか様の ライフプランに基づいた

ホームリスクマネージメント を基準に 適合しているかも

解りますので 今が 見直しのいい時期です。


出来れば 体と同じに 定期的に見直しをすることで 保険も健康でいられます。


このまま 見直しをせずに 万一のときに 望む給付が得られなかったときには

けして安くない 保険料を 無駄にする事も あります。


多少時間は掛かるかも知れませんが 大事な事ですので

直接 来店型店舗や 保険見直しをしている所へ 現在お入りの保険証券を

持参して 見直ししてみてください。

現在 とても良い保険がたくさん発売されています。

楽しみながら 保険見直しを してくださいね


早くお悩み解決できれば良いですね。

http://1af.jp/

回答専門家

秋葉原成功塾 塾長 白メガネ FP 富田浩司
秋葉原成功塾 塾長 白メガネ FP 富田浩司
(東京都 / 秋葉原成功塾)
株式会社フォーチュンフィールド 秋葉原成功塾事務局
0120-915-419
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

安心のコンサルティング実績7,000件以上

秋葉原成功塾塾長として東京をベースに、経営コンサルタントとして活躍中!異業種10社以上の経験、証券・保険など金融経験を活かしたアドバイスでクライアントを本気で黒字にするお金の名医です。また、白メガネ ファイナンシャルプランナーとして有名!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

現状は保険よりお金を働かせることを考えましょう!

2008/02/07 00:30 詳細リンク

ひめだか様、
この度ははご質問いただきましてありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

支払っている保険料が、ご夫婦だけの状況では割高です。
まずJA共済の定期付き終身共済ですが、死亡保障額が不明なのでなんとも判断しようがないのですが、定期保険や生活保障特約などは、お子様ができてからでも遅くはないと思います(お子様のことを書かれていないのでそう判断しました)

奥様の県民共済については、お仕事をされていない状況で、はたしてここまでの保障が必要なのか?
加入についての明確な動機があって、どうしても三大疾病保障が必要などのお気持ちがあるという状況であれば別なのですが・・・
※三大疾病保険の支払い条件は、実は非常厳しいのです。詳しくは私の過去のコラムをご参照下さい。

県民共済は還付金が戻ってくるというメリットがある反面、ほとんどの保障額が65歳までという条件になっています。

ご主人の場合は、お子様ができられるまでは、高額な死亡保障は必要ないかと思います。
それよりも医療保障を充実させて、しかもできるだけ長い保険期間のものを確保しましょう。

奥様の場合も、できるだけ長い保険期間の医療保障をまず確保されることをおすすめします。

今は保険料にお金をかけるのではなく、貯蓄や投資でお金を働かせることを考えていきましょう。!

ご収入や家族構成などから考えれば、保険料はお二人で年間15万円以下に抑える方が良いでしょうね。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

以上よろしくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生保見直しの件

2008/02/07 11:06 詳細リンク

ひめだかさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

現在ひめだかさんが加入しているJA共済につきましては、支払い保険料から推察すると、保障内容が少々過剰なようです。

見直しの方法として、
1.終身共済部分を中心に残して、それ以外の部分は解約して、医療保障部分だけは終身型の医療保険に加入しなおす。
2.奥様は県民共済を終身型の医療保険に加入し直す。

3.究極の選択として、ご主人様に万が一のことがあった場合、奥様が収入を得ることができるのであれば、死亡保障は不要となりますので、夫婦ともに終身型の医療保険にだけ加入しておれば、今のところは十分です。

尚、医療保険につきましては、若く健康なうちに加入することで、月々の負担が少なくて済みますし、万が一将来病気などにかかった後から加入しようとしても、思うように加入できなくなったり、割高な保険にしか加入できなくなったりします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

まず何に準備が必要か考えましょう。

2008/02/06 22:49 詳細リンク

はじめまして、ひめだかさん。
''マネースミス''吉野です。

保険は支払いの保険料で自分にあっているかどうかを見極めるのではなく、現在の支出に対して保障額が見合っているのかを判断しましょう。
それから、必要な保障と必要でない保障を考えてから、後はいろんな保険会社の商品を比較すればよいと思います。

ご質問では、お子様はおられないようですが、お子様がおられないのであれば、ひめだかさんが万が一亡くなった場合に準備しておかなくてはいけないのは、奥様の生活費です。

お子さんがいない場合は、遺族年金も大幅に少なくなってしまいますので、それなりに保障は必要ですが、逆に奥様がまた働きに出られてり、再婚という可能性も出てきます。

こうした場合には、保障額もそれほど必要なくなります。

お子様が生まれた時からは、教育費や奥様が働きに出れない時期などがありますのでお子様が大学卒業するまでの期間は保障を多めにしておく必要があります。


FP事務所などへご相談に行かれると、保険だけではなく貯蓄や収入面などからいろんなアドバイスをもらえると思います。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

いくらの保障額等が必要なのか!

2008/02/07 01:07 詳細リンク

ひめだか様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
私は銀行退職後、ソニー生命で6年間の営業活動を行い独立、今に至っております。今回のひめだか様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。ただ、この文章では保障額等が判りません。保険加入されるための基本といたしまして、ひめだか様家ではいくら保障額が必要なのかをライフプランニングの方法で凡その保障額が出た場合、次に妥当な保険料になる様に調整されるのです。一度、保障額算出をしてはいかがでしょうか。又、よろしければ、お手伝いさせていただきます。
ご連絡を待ちいたしております。
以上

加藤 惠子

加藤 惠子
ファイナンシャルプランナー

- good

商品は根拠を持って決めましょう

2008/02/07 05:38 詳細リンク

ひめだか様、こんにちは。FPの加藤です。

保険は、「誰に、何があって、誰がどの位困るのか?」を考えて、商品や保障額を決定します。
ひめだか様の場合は、ご自身にもしものことがあった場合の保障と病気・けがの保障がメインかと思いますが、その保障額(保険金額)は、アバウトでかまいませんが根拠を持って決めていく必要があります。

死亡保障で考えるのであれば、もしものことがあった場合、その後の生活費や住居費などの「支出」から、企業からの保障や遺族年金、遺族の収入など「収入」を引いた差額が保険の必要保障額になります。
「支出」-「収入」です。
又、将来お子さんがお生まれになったら、そのお子さんが独立されるまでの生活費や教育費も「支出」に加えます。

ただし、その保障額はずっと一定に保つ必要はありません。1年経過するごとに減らしていってもいいのです。でも、ひめだか様の場合は、これからお子様がお生まれになることを考えると、今の時点から減らすことはおすすめできません。保障額のピークは、1番下のお子さんが生まれた時と考えていただければいいでしょう。

保障内容は充実していればいるほど保険料は高くなります。保険料に振り回されないように、必要な保障を整理して、優先順位をつけてみてください。無駄な保障を省くことはもちろんですが、必要な保障はしっかり確保することが大切です。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2008/02/07 17:19 詳細リンク

ひめだかさん、はじめまして。フォートラストの大関です。

ご記載の内容は、掛金だけの内容で、保障額(高さ)と保険期間(長さ)が不明ですので
効率についてや、見直しが必要か否かの判断はできません。

また、「身の丈に合った保険」の判断は、必ずしも掛金からできるというものでも
ありません。

住宅事情、職種、お子様が誕生してからのビジョン、備蓄状況などもお聞きしませんと
適正なプランニングも困難ですので、一概には申し上げられない点はご承知おき下さい。

ただ、どうしても掛金から目処と付けたいのでしたら、
年収の5%程度に抑えることを前提に考えてみるのも一つの方法です。

ただ必要だと思われるものまで削ってしまわないようにご注意下さい。
加入には、体況状態(加入資格)が問われますから・・・

森 和彦

森 和彦
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の見直し(回答)

2008/02/08 00:29 詳細リンク

ひめだかさん

こんばんは

まずは、必要補償額を調べましょう。

どのくらい必要かしっておくことはすごく大切なことです。

こちらをご参照ください。↓
http://profile.allabout.co.jp/pf/k-mori/column/detail/22713
http://profile.allabout.co.jp/pf/k-mori/column/detail/22714

原契約のことについて少しコメントしておきます。

JAの「がん全保障付全入院特約」ですが、

1入院200日 ガン無制限はいいのですが、80歳で保障が切れるものだったと思います。

終身を検討されたほうがいいと思います。

福岡県民共済も

医療1型特約は65歳までの保障ではないでしょうか。

終身保障を検討されたほうがいいと思います。

現在の保険料はお二人で年間273823円。

月に直すと22828円(割戻し金抜きですが)ですから

もっといい内容で契約が可能なはずですよ。

がんばってください。

http://blog.so-net.ne.jp/prevent/

有限会社プリベント 森 和彦


あなたサイズの保険を見つけてきださい。

2008/02/07 00:44 詳細リンク

「まいど・おおきに」の大阪から書かせていただきます。

必要保障額は人それぞれ、今、現状の保険に少しでも不安があるのなら
FP事務所やコンサルティングが出来る保険営業の方に相談されることを
お勧めします、現在の保険金額がすべてわからないので、どうこう言えませんが。

今後、お子さんを増やす予定や、万一の場合、奥様が働く気持ちがあるのとないのとでは
必要保障額も変わってきます。

洋服のオーダーメイドは高いですが、保険のオーダーメイドは合理的でお安くなります。

参考にしていただければ幸いです。


保険について考えるよい機会なのではないでしょうか

2008/02/07 09:31 詳細リンク

高い保険料をお支払いになりながら、「全くわからない」ということが何より問題ですね。

(私も29歳のときそうでしたから、エラそうなことはいえません。
ひめだかさんは、いま、それに向き合おうとされているので、当時の私よりよほど立派です。)

さて、保険について、

保障内容、保険商品がよいかを考える前に、

ひめだかさんがリスクに向き合う事が、満足いく生命保険をつくるためにもっとも大切なことです。


保険は見えない将来への備えですので、正解がありません。

どんなに優秀な保険セールスと商品があっても、
万一のときどのような保障が必要であるか、ご自身でしっかり考えなければ、

保険パーソンの説明に、

「そうだな〜。」となんとなく納得して、加入することになります。


近い将来、また「この保障でいいのだろうか。」「新しい商品がいいのではないだろうか。」

と悩んでしまうかもしれません。


生命保険は、専門家の力をかりて自分でつくるものです。

(本当に高い買い物ですから)


そのための考え方は

1.どのようなことが起こると経済的に困るか洗い出す

2.それぞれ、どのぐらいの金額が必要か考える

3.国の補償を確認する

4.リスク(金額)の大きなものから保険を考える

とすればすっきりとした保険がつくれるのではないでしょうか。

保険を見直すには最適な年齢ですので、是非すばらしい保険をつくってください。

商品の検討は最後です。


東京リスクソリューション
http;//www.tokyorisk-s.com


Re:保険の見直し

2008/02/07 23:50 詳細リンク

ひめだか様

一般的に会社員の方が生命保険を準備する場合に、
1、死亡保障
2、医療保障
3、がん保障

を分けてお考えいただくといいでしょう。

一つの保険会社でまとめるのもいいですが、今回は複数の保険会社を見比べるのもいいと思います。

近隣の複数の保険会社を取り扱う保険ショップや代理店を探して、ご相談されてみてください。


その前の予備知識としては、
1、死亡保障は60歳前後までの長期保障(更新なし)の逓減定期保険
2、一生涯の医療保険を一生払うタイプと、現役中に払いきっちゃうタイプ(例:60歳払込満了)
3、診断給付金or先進医療を厚めで検討

これらの試算保険料および、生涯払い込む保険料の総額と、JAを維持した場合の保険料の総額を見比べて、判断します。

親切なショップ店員やFPなら、JAを生かしながらどのように保障を組み合わせるのがいいか、
あるいは、解約する合理的な理由を分かりやすく説明の上、納得できる商品をご案内してくれるでしょう。

ご自身で理論武装するのは、大変ですから相性の合うプランナー選びが近道ですね。

ご判断に迷うことがありましたら、あらためてこの場を活用なさってください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

30歳男性保険の見直し keyco1さん  2014-09-16 00:50 回答4件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
生命保険見直し namidabokuroさん  2011-04-27 19:20 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)