商品は根拠を持って決めましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
加藤 惠子

加藤 惠子
ファイナンシャルプランナー

- good

商品は根拠を持って決めましょう

2008/02/07 05:38

 ひめだか様、こんにちは。FPの加藤です。

 保険は、「誰に、何があって、誰がどの位困るのか?」を考えて、商品や保障額を決定します。
ひめだか様の場合は、ご自身にもしものことがあった場合の保障と病気・けがの保障がメインかと思いますが、その保障額(保険金額)は、アバウトでかまいませんが根拠を持って決めていく必要があります。

 死亡保障で考えるのであれば、もしものことがあった場合、その後の生活費や住居費などの「支出」から、企業からの保障や遺族年金、遺族の収入など「収入」を引いた差額が保険の必要保障額になります。
「支出」-「収入」です。
 又、将来お子さんがお生まれになったら、そのお子さんが独立されるまでの生活費や教育費も「支出」に加えます。

 ただし、その保障額はずっと一定に保つ必要はありません。1年経過するごとに減らしていってもいいのです。でも、ひめだか様の場合は、これからお子様がお生まれになることを考えると、今の時点から減らすことはおすすめできません。保障額のピークは、1番下のお子さんが生まれた時と考えていただければいいでしょう。

 保障内容は充実していればいるほど保険料は高くなります。保険料に振り回されないように、必要な保障を整理して、優先順位をつけてみてください。無駄な保障を省くことはもちろんですが、必要な保障はしっかり確保することが大切です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険の見直し

マネー 保険設計・保険見直し 2008/02/06 20:20

私は29歳のサラリーマンで年収は360万円、妻は26歳の専業主婦で収入は無しです。
現在、加入している保険は、私はJAの終身共済(終身共済契約・定期特約・生活保障特約定額型・災害給付特約・がん全保障付全入院特約)1… [続きを読む]

ひめだかさん (福岡県/29歳/男性)

このQ&Aの回答

保険の見直し お答えします。 栃木成功塾 塾長 ファイナンシャルプランナー富田浩司(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/06 20:47
現状は保険よりお金を働かせることを考えましょう! 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/07 00:30
生保見直しの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/07 11:06
まず何に準備が必要か考えましょう。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/06 22:49
いくらの保障額等が必要なのか! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/07 01:07
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2008/02/07 17:19
保険の見直し(回答) 森 和彦(ファイナンシャルプランナー) 2008/02/08 00:29
Re:保険の見直し 2008/02/07 23:50

このQ&Aに類似したQ&A

30歳男性保険の見直し keyco1さん  2014-09-16 00:50 回答4件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
生命保険見直し namidabokuroさん  2011-04-27 19:20 回答4件