請負契約でよいですか? - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

請負契約でよいですか?

法人・ビジネス 独立開業 2006/10/12 22:35

飲食店の再生事業をはじめます。ひとまずコンサルタント要員として従業員を1名を雇い、クライアント先に派遣しますが、先方との契約は請負契約というかたちでよいでしょうか?

B.B.Starさん ( 東京都 / 男性 / 31歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

「請負」と「派遣」

2006/10/18 23:58 詳細リンク

B.B.Starさん こんにちは

ご質問の件、形式的には「請負契約」でよいかと思いますが、現在労働局による適正化に向けた指導が強化されている「偽装請負」という就業形態が大きな問題となっているので、その観点から少し付け加えておきます。

お話の通り、先方と「請負契約」を結び、自社の従業員をクライアント先で就業させ先方より報酬をとる場合、この就業形態が「請負」と認められるには、いくつかの要件をクリアする必要があります。

(↓東京労働局作成の区分チェックポイントをご参照ください)
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/haken/index.html

これらの要件を満たさない限り、この就業形態は「違法請負」となり「派遣」とみなされ、今度は労働者派遣法の規定に照らし適法性が判断されることになります。

労働者派遣事業は、派遣形態により、国の「許可」もしくは「届出」を必要としており、これらの手続きを踏まない派遣就業はこれも「違法」となります。 さらに職業安定法が禁止する大原則「労働者供給事業」にも該当する場合、同時に同法にも違反、行政指導や処分を受けることになり、罰則の適用もあります。

[違法請負]→[派遣みなし]→[(労)派遣法違反]→[職業安定法違反]

というプロセスで違法性が導かれてしまいます。

ここで注意が必要となるのは、契約の名称が「請負契約」であっても、実際は上基準のように、『形式』ではなく『実態』で厳格に判断されるという点です。

(次頁に続く)

補足

例えば、コンサルティングのかたちとして、B.B.Starさんの従業員(仮にAさん)の方が先方のお店のスタッフと同じように、厨房やホールなどの営業現場に立ち、問題点を抽出し、業務改善プランを提案・実行されていく業務形態も考えられると思います。
このような場合、(行政から)厳密に解釈されれば、AさんはB.B.Starさんのクライアント先のお店の労働時間の拘束を受けることになり、請負契約が予定しない『指揮命令』の有無の問題や、請負が大前提の要件とする『独立性』を満たさない実態を指摘されるおそれもあります。
しかも、クライアント先によっては、それぞれ就業スタイルも異なるため、その都度上のような厳格な区分基準を満たす雇用管理を現実的に行うことができるかという問題もあります。

また、先に述べた昨今の規制強化の流れからも「請負」が認められにくい状況にあることも頭においておかなければなりません。

こうした社会情勢も考慮し、今一度上のチェックポイントに照らし、「請負」の基準を満たすか、また、会社としてそのような基準をクリアできる雇用管理態勢がとれるかどうかの見極めが必要であると考えます。

【関連コラム】 ''そもそも派遣事業は合法?''
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/column/detail/10564
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/column/detail/10565
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/column/detail/10566

【関連トピックス】
社外労働者受入企業側のリスクマネジメント



*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業の事業主について panさん  2012-11-11 13:19 回答1件
外国人夫と夫婦での個人事業起業について akitakomachiさん  2012-06-29 05:58 回答1件
法人?個人事業主? ぽにょんさん  2008-10-19 13:34 回答1件
教えてください。 くーさんさん  2008-10-08 09:05 回答1件
営業譲渡の契約について りべろうさん  2008-01-23 07:46 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)