子会社設立に関して・・ - 新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子会社設立に関して・・

法人・ビジネス 新規事業・事業拡大 2014/03/16 09:22

初めまして!

某事業(株式会社を・一人法人)立ち上げて3度目の決算に入ってます。
お陰さまで、今年は過大の利益が出そうです。
そこで、節税対策として親会社への材料納入関係の会社設立を検討しています。
その場合、体表取締役を現法人の代表取締役と同一人物にしたら、税務当局は節税目的会社として否認されるのでしょうか?
素人質問で申し訳ありませんが、宜しくご回答お願いいたします。

南十字星さん ( 福岡県 / 男性 / 65歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

代表取締役の同一性ではなく、行為による否認の可能性があります

2014/04/08 01:27 詳細リンク

南十字星さん こんにちは

子会社設立に際しての税務否認に関するご質問ですね。

まず、代表取締役が同一であるということが問題になるかという点ですが、それだけを以って税務否認が行われることはありません。

ただし、ご質問のケースのような同族会社の場合、親子会社間の取引において「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるものがあるとき」に該当すると判断されると、法人税法132条(同族会社等の行為又は計算の否認)、あるいは同132条の二(組織再編成に係る行為又は計算の否認)に基づき、その法人が行なった行為又は計算について税務当局から否認される可能性があります。

簡単に言うと、子会社と親子会社の取引や組織再編は、その金額の妥当性も含めてかなり厳しくチェックされ、社会的な妥当性を欠くと判断されれば、適正な計算に基づいて課税されるということです。

なお、質問文からは、会社自体を否認される可能性について質問されているようにも取れますので念のため回答しますと、上記のケースで否認されるのは、あくまで会社が行なった取引等の行為や会計計算が否認対象であり、会社の存在自体ではありません。

また、会社債務を逃れるための別会社設立等は、法人格を違法・不当な目的のために利用するという目的だと見做され、「法人格否認の法理」の適用により、株主等の個人が債務履行の義務を負うことになる可能性があります。

法人格否認の法理とは、法人格を持つ会社について、その形式的独立性を貫くことが正義・公平に反すると認められる場合に、特定の問題に限って法人格を否定し、会社と背後の実体(支配株主等)を同一視するという考え方です。ご質問のケースに当てはめると、法人格を濫用して租税逃れを画策したと見做し、租税徴収問題に限って法人格を否認し、背後の実態である株主個人に租税債務の支払を行わせるということが考えられます。この場合も会社自体の存在が否認されるわけではありません。

いずれにしても、税務当局の目的はあくまで適正な課税と徴収であるため、それを妨げる行為を否認しようとすると理解すれば良いと思います。

従って、ご質問のケースでは、税務当局から指摘された際に、会社を分けた方がビジネス上のメリットがあるという明確な理由と、個々の取引金額の妥当性を説明できることが重要と思われます。

分社には、例えば資本金を小さくすることによって消費税が節税できたり、法人税の軽減税率で得られるメリットもありますが、一方で設立費用や法人住民税の均等割りの負担、会社の維持管理費用(事務作業や税理士報酬等)の増加等といったデメリットもあります。

これらのメリット・デメリットも十分に鑑み、税理士等とも相談した上で別会社化を検討されることをお勧めします。

南十字星さんのご発展をお祈りいたします。

補足

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ホットなコンサル」開催中。
詳しくは、以下のURLをクリック。
http://hotnet.sacnet.jp/htcns/
次回以降の、質問時にご利用を検討下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

親子会社
代表取締役
子会社
法人税
会社設立

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

法人設立による投資不動産取得費用について ひでじんさん  2012-08-06 09:08 回答1件
新規部門立ち上げを任されました eastpescさん  2009-04-15 12:54 回答4件
海外ネット事業(非居住者の日本国内源泉所得納税) ちゃんねるさん  2016-03-23 21:36 回答1件
株式投資法人の設立について ドラ1さん  2014-09-06 05:19 回答1件
モンゴルでの化粧品輸出販売について ayakangcmwさん  2014-07-22 00:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)