開業前の経費 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

開業前の経費

法人・ビジネス 独立開業 2012/06/15 14:56

事業用とプライベート用の現金の件で質問させていただきます。

近日、自宅でのネットショップ開業を考えております。
まだ事業用銀行口座を開設前(屋号未決定などの理由)です。

事業開業するにあたり、パソコン・ソフト・電話機・参考書籍等が必要ですので早く!購入したいのですが
このような場合、プライベート口座から現金を引き落とし購入したり、
現在財布の中の現金で購入しても問題ないのでしょうか?

または、事業用口座を早く開設して(早く屋号を決定させて)、
口座に預け入れた現金を引き落として、完全にプライベートの現金と区別して購入した方がいいのでしょうか?
この場合は事業開始がもう少し遅くなりそうですが・・・

以前、専門家の先生にご教授いただいたお答えでは、
「プライベートの費用と事業用の費用を選別する事務処理作業が煩雑になる」とのことでしたので、
プライベート現金での購入でも問題ないとは思いますが、
素人の私では後々の作業が大変そうで迷っています。

サンクルクルさん ( 東京都 / 男性 / 37歳 )

回答:2件

岸井 幸生 専門家

岸井 幸生
公認会計士・税理士

- good

開業前の経費

2012/06/18 23:38 詳細リンク
(5.0)

サンクルクル様

公認会計士・税理士の岸井と申します。
開業とのこと、成功をお祈り申し上げます。

さて、事業開始前の経費を個人口座や財布の現金から支払ってもよいかということですが、こちら全く問題ありません。

重要なことは、購入したモノやサービスが、事業用で買ったのかプライベート用で買ったのかが明確になっていることです。


「プライベートの費用と事業用の費用を選別する事務処理作業が煩雑になる」というのは、確かにその通りですが、逆にしっかりと分けて管理すればよいのです。

そのための方法として、おっしゃる通り、事業用の口座をわけるというものがあります。
もちろん、これはいずれやった方が良いと思います。

口座が分かれていない場合であっても、領収書をわけて管理したり、出納帳をつけることで両者を区分することができます。
カードの明細などで事業とプライベートが混ざってしまっている場合でも、マーカーでわかるようにすれば問題ありません。(もちろんそれが事業用であることが説明できないといけませんが。)


後々の作業=確定申告だと思います。
あらかじめ、事業とプライベートをわけて記録することで後々の作業が楽になります。

事業に入れていい経費とダメな経費の区分は少し難しいので、調べたり専門家に聞くことをお勧めいたします。
もちろん私に連絡いただいてもOKです。

事業
税理士
開業
経費
確定申告

評価・お礼

サンクルクルさん

2012/06/19 11:55

岸井様
ご返信ありがとうございます。返答がおそくなり申し訳ありません。
分かりやすいご説明で助かりました。これで少し早く開業ができそうです。
開業はまだこれからなので、今年の確定申告は希望の青色申告(メリットが多いが難しそう)か白色申告(時間がなくても素人でも簡単そう)か迷ってしまいますが・・・

岸井 幸生

2012/06/19 15:28

サンクルクル様
開業は早く始めたもの勝ちですから、決断後はスピーディに行動に移すべきだと思います。
頑張ってください!

青色か白色か、これは断然青色にすべきです。
難しいと思うのは初めだけで、いまどき会計ソフトがしっかりやってくれますから、普段は何てことありません。
控除65万円分のメリットなど、税金面のメリットもそうですが、もっとメリットだと思うのは、青色ベースで会計を把握することで事業の様子がよくわかるようになることです。
まず、己を知らなければ計画を立てることはできません。計画が立てられないと行き当たりばったりになります。
ぜひ青色を頑張ってみましょう!

回答専門家

岸井 幸生
岸井 幸生
(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

岸井 幸生が提供する商品・サービス

レッスン・教室

今さら聞けない、事業主のための「会計」

少人数セミナーだから、聞きやすい&効きやすい

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
菅原 茂夫

菅原 茂夫
税理士

- good

プライベート用の現金でも問題ありません

2012/06/19 09:22 詳細リンク
(5.0)

はじめまして。税理士・中小企業診断士の菅原と申します。

ご質問の件、他の回答者の通りプライベート用の現金で事業開業用の物品を購入することは問題ありません。

ただ「プライベートの費用と事業用の費用を選別する事務処理作業が煩雑になる」という以前の回答ですが、例えば、数ヶ月前の領収書を見て、それがプライベート用だったか事業用だったか思い出せないケースもあるでしょうから、あらかじめ分けておいた方が良いでしょうという趣旨なのではないかと推測されます。

そうだとしたらその回答もその通りですので、いずれは区別した方が良いでしょう。

区別するにしてもしないにしても、毎年の確定申告直前に大慌てせずに済むよう、こまめに処理することをお勧めします。

事業
費用
税理士
開業
確定申告

評価・お礼

サンクルクルさん

2012/06/19 12:09

菅原様
ご返信ありがとうございます。
確定申告直前に慌てないよう、こまめに処理していきたいと思います。
が、まだ開業準備段階で確定申告の数ヶ月前の開業になりそうですので、
初めての青色申告ですので慌ててしまいそうです。簡単そうな白色申告も考慮してしまいますが。
またご相談にのって頂けたら幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業の海外仕入れの経費について Fengshuさん  2010-09-25 01:45 回答1件
海外在住者のネットショップ起業に関して londonさん  2010-10-23 05:09 回答1件
海外在住者のネットショップ起業に関して londonさん  2010-10-16 05:12 回答1件
個人事業主 妻名義にて開設した場合 nsy0805さん  2014-01-12 01:09 回答1件
クレジットカードの仕訳について Ryo1172さん  2013-10-14 12:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)