個人事業主の変更 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人事業主の変更

法人・ビジネス 独立開業 2012/06/14 15:05

お世話になります。
タイトルの通り、個人事業主を私から夫に変更しようかと思案中です。
もともと夫の名義でしたかったのを始めた時に夫がサラリーマンだったこともあり、会社にばれるのは困るということで私が事業主になりました。

おかげさまで仕事は順調ですが、順調なおかげで私の所得が上がってしまい、昨年度から夫の扶養を外れてしまいました。

事業の収入は170万ほどで、専従者給与として夫に年間340万の専従者給与を支払った形になりました。
今年度の市府民税、国民健康保険の納付書が届き、その額に愕然としました。
市府民税は昨年度対比プラス11万、国民健康保険がプラス30万近く跳ね上がっていました。
収入が増えたといわれればそれまでかもしれませんが、夫婦でこれだけの収入しかなく、市府民税、国民健康保険、国民年金合わせて年間114万円以上支払わないといけないというのでは厳しすぎます。

夫の扶養に入って私の専従者給与を年間103万円以内に抑えたほうが支出が抑えられるのであればすぐにでも変更したいと思っています。

その場合、いったん事業の廃業届を出して、同じ屋号でもう一度夫が事業主になり登録することは可能ですか?
何かデメリットはありますか?

紺碧さん ( 京都府 / 女性 / 39歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

2 good

個人事業主の変更は可能です。いくつかの事項にご注意ください。

2012/07/18 20:49 詳細リンク

紺碧さん、こんにちは。個人事業主の変更に関するご質問ですね。

「個人事業主の事業主変更」には、次の2つの方法が考えられます。
1.単なる事業主の変更
2.現在の事業主を廃業し、新たな事業主で開業

上記「1」と「2」における違いは以下の通りです。
個人事業主は、「事業主個人の所有する資産」によって事業を行います。個人事業主がその事業のために使った資産額は「元入金」となり、単なるに事業主の変更(上記「1」)の場合には、この「元入金」が贈与の対象(贈与税の発生)になります。なお、贈与する事業用資産等の合計額が110万円以下(1月1日から12月31日までの1年間において)であるならば、贈与税はかかりません(贈与税の申告も不要)。

一方、紺碧さんが個人事業を廃業し、ご主人が新たに開業する(上記「2」)場合には、贈与とはならず贈与税も発生しません。この点は税金上のメリットと考えられます。なお、営業譲渡のような形をとり、事業用資産等を売却することも可能ですが、その際には消費税がかかることになりますので、上記「1」の場合の贈与税との比較が重要となります。

なお、個人事業主の変更の際に特に注意すべき点としては、契約変更や各種届け出の提出が挙げられます。個人事業主の場合、法人ではないため、仕入先や不動産会社等と個人で契約していることになります。そのため、事業主の変更が行われた場合には、その多くは再契約することになります。同様に、役所はもちろんのこと銀行等への届け出も必要となります。

最後に、今回のご質問内容とは異なるかも知れませんが、現在の個人事業の将来性や成長性、更にはご主人の業務内容や状況によっては、ご主人を扶養とするという方法もあります。


紺碧さんのご活躍を心よりお祈りいたします。

補足

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ホットなコンサル」開催中。
詳しくは、以下のURLをクリック。
http://hotnet.sacnet.jp/htcns/
次回以降の、質問時に利用をご検討下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事業
消費税
贈与税
贈与
個人事業

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主(妻)の年金・保険(扶養)について 77さん  2007-09-20 20:04 回答1件
会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)