預貯金で対応できるか - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

預貯金で対応できるか

マネー 生命保険・医療保険 2012/01/28 00:05

45歳の男です。妻(45歳)と1子(7歳)がいます。月収20万、年収280万(今後あまりかわりません)で銀行普通預金は2000万。妻は月収40万(今後公務員並みに上がると思います)、年収600万、銀行普通預金は3000万。家も車もなく将来ももつ可能性は低いです。妻は2000万円保障の生命保険(60歳までの定期保険)に入っています。受取人は子どもです。生活費収支は、月に夫婦で数万〜10万円がたまり、ボーナスも夫婦で半分くらいは残ります。

老後はこのままいけば私は月10万円、妻は20万円ほどの年金となり、私の会社は65歳定年で、私の退職金は200万円ほどになります。妻の退職金はわかりませんが平均的な一般地方公務員に準じ、トータルで30年つとめたものとご仮定ください。

すでに子どもの学資は預貯金で対応でき、医療も公的保険と預貯金での対応で十分と考えます。老後も少なくとも妻が死ななければ余裕があると思いますし、妻がどこで死んでも、子どもを大学に入れ、自分が生きていくくらいは、なんとかシノげると思うのですが。

私は生命保険・民間医療保険に入るべきでしょうか。入るべきだという場合、どのようなものがいいのでしょうか。資産の運用についてもアドバイスがあれば教えてください。

Marx1818さん ( 奈良県 / 男性 / 45歳 )

回答:4件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

1 good

保険と資産運用について

2012/01/28 10:29 詳細リンク
(5.0)

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

保険については、万が一の時にお金に困るから加入するのです。お金に困らなければ加入する必要はありません。よって、Marx1818さんが亡くなった場合に残された家族がお金に困るかどうかを計算してみてください。入院保険についても同じで入院した時に現預金でどのくらいまでならばカバーできるのか検討になります。
現状トータルで5000万円の預貯金があり、特に使う予定がないのであれば加入しなくてもいいかと思います。
資産運用については、まずは将来の予定を考え、収支状況、預貯金の推移状況によって変わってきます。リスクを多くとらないと今後の生活が成り立たないのか、それともリスクをあまり取らなくてもなんとかなるのかを検討です。それにより運用先は変わってきます。また、そこには運用する人の性格も重要になってきますので一概にここで何がいいとはいえません。

一度夫婦でお子様の進路や老後をどこで暮らし、どんな生活をしたいのか、その時に住まいはどうするのかなどの生活設計を紙に書いて、収支状況を予想してみると保険についても、資産運用の仕方についても見えてくるのではないでしょうか。

資産運用
保険
暮らし
貯金

評価・お礼

Marx1818さん

2012/01/29 06:13

回答ありがとうございます。夫婦でよく話しあって必要額を算出せよというアドバイスは一定おこなってきましたが、さらにつっこんでやってみたいと思いました。「現状トータルで5000万円の預貯金があり、特に使う予定がないのであれば加入しなくてもいいかと思います」というご助言は自分の考えに自信がもてるものでした。

辻畑 憲男

2012/01/29 12:17

評価ありがとうございます。
また何かございましたら、お気軽にご相談ください。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

1 good

保険加入の必要はありません。

2012/01/28 11:05 詳細リンク
(5.0)

Marx1818 様

この度はお問い合わせをいただきまして、
ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口です。

いただいている情報だけで判断させていただくと、
保険加入の必要性はないかと思います。

年間180万円~200万円の貯蓄が可能。
現預金5000万円ですから、単純計算でいけばご夫婦が
60歳時点7700~8000万円の貯蓄ができていることになります。

お子さんの教育費・生活費の合計で3000万円程度だとして、
他の経済的なリスクが生じなければ、60歳地点で4700~5000
万円の貯蓄ができている計算になります。

また、それ以外にも退職金があります。
30年勤務の公務員の場合の退職金は、自己都合でも1400万円
退職慰労金であれば1900万円が平均ですので、ご夫婦の
退職金合計が1600~2100万円。


上記はあくまでも、その他諸々の支出関係はご夫婦のご収入で
賄えるとして試算しております。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
http://www.bys-planning.com

よろしくお願いいたします。

計画
退職金
公務員
教育費

評価・お礼

Marx1818さん

2012/01/29 06:15

表題ではっきり「必要ない」と言っていただいたこと、具体的な試算をもとに回答いただいたことに非常に感謝しております。もう少し私自身の試算も詰めてみたいと思いました。ありがとうございました。

釜口 博

2012/01/29 14:38

高評価をいただきまして、ありがとうございました。
ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

資産運用の考え方について

2012/01/29 12:25 詳細リンク
(3.0)

Marx1818様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

資産運用については、まず「儲け話」と「資産運用」違いから考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私の考えでは、「資産運用」には、お一人お一人の計画が伴います。

具体的には、今後どうなりたいか、どうしたいか、といったライフプランを考え、その上で、資金の運用目的、運用期間、目標利回り、リスク管理の方法等々の計画を策定します。

なお、ファイナンシャル・プランナーは、文字通り、こういった、お金の計画の作成をお手伝いするのが仕事です。

それから、資産運用では、実践も大事です。

理論と実践は、車の両輪のようなものです。

例えば、ゴルフ、英会話、料理、車の運転など、どんなことでも、理論だけでは、いつまで経っても初心者のままです。

実践が伴って初めて、理解が進むものだと私は思います。

もちろん、いきなり初めから完璧な計画を立てることはできません。

投資金額は、最低1万円からでも始められるので、例えば、計画→実行→点検→見直しのようなプロセスで、走りながら計画を修正していくのが良いと思います。

あとは、国の財政問題を考えると、急激な円安、インフレに向かう可能性も否定できませんから、その点も含めて、資産運用に取り組むかどうかをご検討ください。

生命保険や損害保険については、預貯金がある方は、自家保険という発想にもできるので、万一の時に、支出が多額になる部分だけ、保険でリスクに備えるというやり方もあります。

以上、ご参考になれば幸いです。

ファイナンシャルプランナー
リスクマネジメント
資産運用
見直し
ライフプラン

評価・お礼

Marx1818さん

2012/01/30 22:24

回答ありがとうございました。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森 久美子

森 久美子
ファイナンシャルプランナー

1 good

預貯金と保険と資産運用

2012/01/28 12:08 詳細リンク
(5.0)

Marx1818さん、こんにちは。

ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。



生命保険は、加入する人(被保険者)に万が一のことがあった場合、経済的に困る人のために加入するのが基本的な考え方です。


金額は、その後の暮らし方や収入や預貯金などで家庭ごとに異なります。


将来のことは不確実ですから、絶対はありませんがご家庭にMarx1818さんの大きな保障は必要なさそうですね。


あとは今ある資産の一部で、いつ亡くなっても葬儀代くらいは準備しておこうとか、介護が必要になったときのために保険という形を利用しようとか、お気持ち次第です。



医療費については、公的な保障と預貯金で対応するという考え方もありますし、一定程度の医療保障を民間の保険でカバーしておくという考え方もあると思います。

十分な預貯金がありますから、どちらの選択もできると思います。



資産運用は、いきなりアドバイスは求めない方がいいと思います。


まずは、このままでも順調に預貯金は増えていきそうですから、家族が健康で働けることが一番の資産運用です。


いろいろな人がいろいろなことを言ってくるかもしれませんが、自分で判断できるようになるまで「投資」はしなくてもいいと思いますが、いかがでしょう。

資産運用
保障
生命保険
医療
選択

評価・お礼

Marx1818さん

2012/01/29 06:18

「資産運用は、いきなりアドバイスは求めない方がいいと思います」「いろいろな人がいろいろなことを言ってくるかもしれませんが、自分で判断できるようになるまで『投資』はしなくてもいいと思います」というご助言が大変参考になりました。また、「生命保険は、加入する人(被保険者)に万が一のことがあった場合、経済的に困る人のために加入するのが基本的な考え方です」という基本点をはっきりさせていただいたことにも感謝いたします。本当にありがとうございました。

森 久美子

森 久美子

2012/01/30 12:07

Marx1818さん、こんにちは。

お返事をどうもありがとうございました。
どうぞご自分たちの生活のペースを大切にお過ごしください。

ご家族皆様のご健康をお祈りしています。


森 久美子http://profile.ne.jp/pf/fpmori/

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険での資産形成について ひろひろりんさん  2013-01-11 03:19 回答2件
生命/医療保険の加入と資産運用 ここのとーさんさん  2010-03-24 01:00 回答4件
医療保険の加入について 野球おやじさん  2009-08-19 00:38 回答10件
夫婦二人の保険見直し レグルスさん  2015-02-12 20:42 回答3件
生命保険トータルプランのアドバイスお願いします! モスコさん  2012-05-13 12:55 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)