中古物件の判断について - 真山 英二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

中古物件の判断について

2010/02/18 16:16
(
5.0
)

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

中古物件では居住中で売りに出すケースは一般的なことです。

売却により受領した金員を使って、買換えや引越等を行うことが多いので、
居住中の場合は、決済後に1〜2週間程度の引渡し猶予期間を
設けることも良くあります。

売却の事情については、その理由は様々です。
老後の資金調達、転勤、離婚、親との同居、引越等々があります。
一般的には、売主側の業者に確認するとある程度の事情はわかると思います。
ただし、離婚や相続問題等の家庭の事情の場合は、
売主も本当のところを言いたがらないことがあります。

正直なところ、売却の理由を詳しく知っても、あまり意味はないと思います

仮に、近隣トラブルや殺人、自殺、事件等の問題があれば、
売主は物件状況報告書等でその告知をする必要があります。
購入に大きな影響を与える告知事項を隠していた場合は、
売主や仲介業者に対して責任を追及できます。

気になるのであれば、「告知事項はありますか」と
仲介業者に聞いてみれば良いと思います。

今回の建物は、昭和40年代後半の建築なので、
価格としては、土地と考えて、相場を考慮する必要があります。
周辺の土地坪単価等を参考にしながら、金額を検討してください。

相場よりも安い場合、
 ・物件に問題があって安いのか(安かろう悪かろう)
 ・物件に問題はないが売主の事情で安くなっているか(売り急いでいる)
どちらの理由なのかを判断する必要があります。

例えば、親が病気でなるべく早くまとまったお金が
欲しい場合は、相場よりも安くても、
早く売却したいという意向が働きます。

売主の事情で、相場より安くなっている場合は、
いわゆる掘り出し物です。

直感を大事にして過度に心配をしないで、
冷静に判断してください。

すこしでもお役に立てれば幸いです。

評価・お礼

大祐 さん

丁寧でご親切なご回答ありがとうございます。
大変いい勉強になりました。ひとつひとつ賢くなって後悔しない物件を取得できればと思います。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
( 神奈川県 / 不動産コンサルタント )
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古物件の背景について

住宅・不動産 不動産売買 2010/02/17 06:29

 今、マンション住まいをしているのですが、子どもも誕生し部屋が狭くなりつつあるので、戸建て中古物件を探しております。
 物件を探し始めて約半年が経過したのですが、気になる物件情報が不動産会社から… [続きを読む]

大祐さん (福岡県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

提携ローン事前審査申込書を提出するタイミング S・Kさん  2010-01-25 19:04 回答2件
不動産購入時の協力・相談相手は 磯科さん  2010-02-10 00:03 回答1件
中古マンション購入についての注意点 ぺろママさん  2012-06-07 12:23 回答1件
不動産が安い地域 買うべきか借りるべきか superikaikamanさん  2012-03-24 23:14 回答1件