相続時清算課税について - 大黒たかのり - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続時清算課税について

2007/06/07 09:27

omosseさん

こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

相続時精算課税制度は贈与税について一定の優遇措置を設ける代わりに、相続時の相続税の計算する際に精算するという制度ですので、精算課税制度で先に贈与を受けて、相続時には相続放棄をするという方法は可能です。

仮に相続放棄していても、相続時にその贈与財産が贈与時の価額で加算され、相続税が計算されます。つまり、相続時精算課税の適用を受けた者が相続を放棄をした場合であっても、その者も相続税の納税義務者に含まれ、他の相続人と共に相続税の連帯納付義務を負うことになります。

相続放棄は場合によっては訴えられるケースもあります。例えば、金融機関が債務返済逃れで精算課税制度したと「詐害行為取消権」として訴えるケースがあります。しかし、債権者が精算課税制度で贈与していたことを認識した場合なら、その後2年を経過してしまえば「詐害行為取消権」は行使できないことになります。

もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続時清算課税について

マネー 税金 2007/06/06 16:45

相続時清算課税制度を利用して、父より土地の贈与を受けております。この時贈与を受けた土地の評価額が2,500万円の控除枠以内だったので贈与税はかかりませんでした。
この状態で、父が死亡した時に、事情があって相続放棄をした場合、課税はどのようになりますでしょうか?

omosseさん

このQ&Aに類似したQ&A

(相続税)土地の評価 「貸宅地」「貸家建付地」 melemakaniさん  2014-06-11 16:01 回答1件
贈与税について piropanchi2さん  2010-06-25 10:49 回答1件
住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件
住宅取得等資金の贈与税の非課税について おきどさん  2012-12-06 17:11 回答1件
亡くなった父親の遺産相続 サーチャーさん  2012-04-20 22:29 回答1件