育児休業後のワークシェアリング - 本田 和盛 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

育児休業後のワークシェアリング

2009/11/03 10:33
(
5.0
)

凄腕社労士 本田和盛です。

育児休業後の職場復帰時の扱いについて本人同意を得ることについては、出産・育休に入る前に行っても問題ありません。むしろ、本人は職場復帰後の就労に関して不安をもっていると考えますので、早めに伝えることも必要かと思います。

出産事故等につながる可能性ですが、出産後の就労形態を伝えたことと出産事故との間の因果関係がはっきりしないので、損害賠償を受けることはありません。セクハラ・パワハラ・いやがらせなどの不法行為(権利侵害)があれば話は別ですが、通常の会社勤務であれば、本人の意に反する配転、出向などは当然あり得ますので、それで出産事故につながっても会社には責任はありませんし、そもそも相当因果関係の立証はきわめて難しいでしょう。

今回の相談で気になるのは、育児休業法で育児休業を取得した場合の不利益取扱を禁じている点です。そこで今回は、不利益ではなく育児短時間勤務制度とかワークシェアリング制度を「制度」として導入して、育児をしながら働く社員のために新たに導入した制度利用を勧めるという前向きな
ものにしてはどうでしょうか?
 むろん、会社の状況が厳しいことも付け加えて、その制度を利用するようにもっていけば宜しいと思います。

評価・お礼

ASUMOMO さん

本田和盛様

ご回答ありがとうございました。

損害賠償を受けることはないだろう、と伺い、安心いたしました。

育児短時間勤務制度はすでに導入しておりますので、今回はワークシェアリングという形で検討を進めたいと思います。

不利益取扱の禁止の面でも注意しながら行いたいと思います。

ありがとうございました。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
( 千葉県 / 経営コンサルタント )
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

育児休業後の減額、配置換えを伝える時期について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2009/11/03 07:18

今年末から産休・育休に入り、来年4月に復帰を希望している社員がいます。彼女の育休後の扱いを検討しているところです。

会社の経営が厳しくなっている状況もありますが、彼女の… [続きを読む]

ASUMOMOさん (東京都/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

育児休暇について へいちゃんさん  2011-05-17 13:43 回答2件
産休・育児休業中の給与支給について ka-yaさん  2008-10-30 17:55 回答1件
育児休暇ごの復帰について いずみさん  2011-04-20 11:54 回答1件
産休・育休後の給与と賞与について 花ハナさん  2011-02-04 20:35 回答1件
育児休業復帰後の給与について rui-kさん  2009-11-26 20:51 回答1件