競売物件についての注意点 - 真山 英二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

競売物件についての注意点

2009/10/26 20:09
(
5.0
)

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

今回の管轄地方裁判所別物件は、俗に言う「競売物件」のことだと思います。
一般の方でも、競売に参加して落札をすることは可能です。
また、一部の金融機関で融資を行っていないケースがありますが、
住宅ローンを組むことも可能です。

不動産の良し悪し等をきちんと見る目があれば、
良いものを破格の金額で入手することも可能です。

しかし、一般の方が取り扱った場合にトラブルになる
ことが多いのも事実です。

まず、一般的に競売物件は、落札まで建物の内部を見ることができません。
事前に物件を確認できる内覧制度もできましたが、
現状では機能していないのが実情です。
内部の確認ができないものの、落札後に建物に欠陥や問題があった場合は、
全て落札者の責任と負担において修理等が必要となります。
当初の想定よりもはるかに修理費用がかかる場合があります。
さらに、第三者の占有(居座り)や残置物等があった場合には、
その強制執行手続き等も落札者自身で行わなければなりません。
(勝手に処分をすると所有者から訴訟を受ける可能性もあります)

また、資金計画については、支払スケジュールが重要になってきます。
入札には保証金の納付が必要となります。
この保証金に関しては現金を用意しておく必要があります。
落札した場合、支払期限までに残金の納付が出来ない場合は、
保証金を没収されてしまいます。
1日の遅れも許されないので、金融機関とのスケジュールの調整が重要です。

以上、いくつかポイントを挙げましたが、
競売物件については不確定要素が大きいため
資金的に余裕がない方にはお薦めをしておりません。

不動産取引に慣れていない場合は、慎重に検討をした方が
良いと思います。

少しでもお役に立てれば幸いです。

評価・お礼

astraia さん

早々のご回答ありがとうございます。

やはり補償金等が必要なのですね。
また、不確定要素が大きいので、資金的に余裕がないと難しいということがよくわかりました。
それに、落札まで建物内部が見れないのはちょっとツライかもしれませんが、格安な物件のため捨てがたいとも思います。

急ぐわけではないので、これからの生活も考えてじっくり検討していきたいと思います。

詳しく教えていただき、本当に参考になりました。
重ねて御礼申し上げます。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
( 神奈川県 / 不動産コンサルタント )
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

管轄地方裁判所別物件の入札とは?

住宅・不動産 不動産売買 2009/10/26 13:54

結婚3年目で夫28歳、私38歳で共働きですが、夫は手取り15万円、私は派遣で10万円とギリギリの生活を送っています。
アパートの家賃は6万円で、どうにか今までは少しずつ貯蓄していました。
しかし… [続きを読む]

astraiaさん (宮城県/38歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

マンション購入を検討 レッドイカさん  2008-11-27 19:38 回答1件
妻の名義で住宅ローン まりあゆりあさん  2012-09-26 11:49 回答1件
購入した投資マンションの今後の扱い shiobayさん  2013-01-30 13:06 回答3件