減給の制裁 - 本田 和盛 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:人事労務・組織

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

減給の制裁

2009/07/18 17:02

凄腕社労士 本田和盛です。

 減給処分、つまり減給の制裁は懲戒処分としてなされるので、懲戒規定が無ければ行うことはできません。

 それとは別に、遅刻した時間や欠勤した日数分の賃金を支払い賃金総額から控除することは、全く問題なくできます。ノーワークノーペイの原則から、働いていない時間分については賃金支払い義務はありません。ノーワークノーペイの原則を超えて、賃金を減額することは減給の制裁となります。

 仕事中に睡眠を取っていた時間ですが、労務を全く提供していないことが明らかで、その時間について本人も寝ていたことを認めている場合は、ノーワークノーペイの原則から、賃金を控除しても差し支えないと思います。

 ただし、「寝ていた」時間を正確に算定するのは困難であり、同僚の「寝ていた」発言だけで、減給するのは難しいでしょう。

 職務怠慢は、本来は経営者が指導しなければならない事項です。その指導に従わず職務怠慢を続ける場合は、懲戒処分とします。

 会社として規則を作り、ルール化する必要があると思います。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
( 千葉県 / 経営コンサルタント )
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

社員の減給処分について

法人・ビジネス 人事労務・組織 2009/07/18 15:02

6月末で退職した社員なんですが、今年に入り営業時間外に別の仕事をしており、特にその事に関して規則は無いのでその事は注意しませんでしたが、その別の仕事がハードなのか、こちらに出勤している勤務時間帯… [続きを読む]

夏が待ち遠しいさん (熊本県/36歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

退職金規程改定にまつわる事 ピ―子さん  2015-06-08 14:48 回答2件
やる気のない社員の解雇について なんばりんぐさん  2009-12-05 18:55 回答1件
在宅勤務について hiromingoさん  2012-07-23 17:57 回答1件
グループ会社の就業規則の効力について すばるんさん  2009-08-21 22:29 回答1件