収入に対する支払い家賃の割合 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

収入に対する支払い家賃の割合

2009/06/13 16:19

アオッキーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『この状態でどうしていくのがベストなのか是非アドバイスいただきたいです。』につきまして、ご実家で二世帯を建てて実際に入居できるまでには、住宅の設計からはじまり、建築会社の選択、建築工事などもあり、実際に引っ越しができるまでには概ね一年程度はかかってしまうと思われます。

これに対して、ふたり合わせた手取り月収金額30万円に占める駐車場も含めた支払い家賃の割合は、43%以上になってしまっていますので、この水準にまでなってしまうと、貯蓄にまで資金がまわらないと思われます。

毎月、確実に貯蓄をしていただくためにも、手取り月収金額30万円に占める支払い家賃の割合としては、25%ていどに抑えておかないと、貯蓄をしていくことができません。

よって、アオッキーさんの場合は、8万円ほどとなります。

例えば、車も手放し、月8万円の賃貸物件に越した場合、現在の駐車場を含めた支払い家賃との差額5万円を一年間積み立てた場合、60万円にもなりますので、引っ越し費用を考慮しても、手元に相当な金額が残せることになると思われます。

今の賃貸物件でゆとりのない生活を送るよりも、思い切って支払い家賃を引き下げることで、収入のうえでゆとりが生まれると考えます。

奥様とも良く話し合って、決定してください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家賃と収入のバランスについて

マネー 家計・ライフプラン 2009/06/13 14:11

私は32歳の男です。妻と2人暮らしです。3年前に結婚したタイミングで現在住んでいるアパートに引っ越して来ました。家賃11万と駐車場代2万の合計13万です。その当時は両方とも正社員で働いてお… [続きを読む]

アオッキーさん (東京都/32歳/男性)

このQ&Aの回答

お車を手放されるようお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/13 15:31
判断の仕方 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/13 16:24
あえて気持ちから考えてみる。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/13 23:49
車を手放し、実家へ移る 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/13 16:55

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と住宅購入について l185sgbvfさん  2010-06-22 07:50 回答12件
生活プランがわかりません。 テケテケさん  2008-03-27 19:19 回答2件
家計診断お願いします。 へちまさん  2014-01-09 01:46 回答2件
家計診断お願いします。 まかさん  2012-11-06 15:19 回答1件