名義変更の手続きと相続時精算課税制度のご紹介 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

名義変更の手続きと相続時精算課税制度のご紹介

2009/03/06 18:29

kurara 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピー の吉野充巨です

ご質問の事項にお答えします。
「私が一部でもお金を出してリフォームすると、父への相続とみなされ相続税が発生すると言われました。」
⇒相続ではなく贈与にあたり贈与税が発生します。ローンの借入額が相当額です。

「名義を分ける」ことが出来ます。
今回はリフォーム費用の分担ですので、今までは建物の100%をお父上が所有していらっしゃいましたが、リフォーム後は従来分の評価額と住宅ローンで用立てる金額の内、kurara様が分担する割合で、持分を変更の登記をします。登記は住居地を管轄する法務局で行います。

登記の手続きをする専門の方は司法書士の方たちです。このサイトで相談に与っている愛知県の方か、ご担当できる方の紹介や料金等は地元の司法書士会でご相談できます。

愛知県の司法書士会のHPは下記に為ります。
http://www.ai-shiho.or.jp/

相続時精算課税制度の活用は、お父様が65歳以上の場合に選択が出来ます。
その場合は、現在お父様が所有されている土地と建物、又は建物ををkurara様に贈与することになります。そして、その土地と建物をkurara様名義に変更し、その建物のリフォーム費用をお父様から此方も贈与して頂くことで税の支払が無い場合があります。

相続時精算課税制度の非課税枠は2500万円、プラスして住宅取得の特例枠1,000万円です。

詳しくは下記をご一読下さい。

相続時清算課税制度のあらまし
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例(相続時精算課税)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンで相続税発生?

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/03/06 13:58

現在住んでいる家(築40年)をリフォームしようと考えていますが、資金について困っています。リフォーム費用は約2000万円程の予定です。足りない額は、父が高齢のため同居している私(子)名義でロー… [続きを読む]

kuraraさん (愛知県/38歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

共有名義の土地の分筆 38番さん  2007-08-01 17:05 回答1件
住宅ローン繰上げ返済援助金と税金 バーディさん  2009-05-02 06:48 回答1件
住宅購入)相続時精算課税について ytytgogoさん  2009-09-26 23:11 回答1件
土地・家屋の相続と生前贈与どちらがいいか? iseyukkyさん  2012-08-24 06:53 回答2件