相続と基礎控除額について - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

相続と基礎控除額について

2009/01/04 09:13

35歳既婚 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

08年度現在の遺産に関わる基礎控除額は

基礎控除額=5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

です。

また、現時点の法定相続人はお母様だけで、もしお母様が叔母様より先にお亡くなりになられた場合の法定相続人は35歳既婚様のご兄弟3人になります。(ご記入された内容の場合)
相続人になることができる方
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/33812
代襲相続と代襲相続分
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30193


そして居住用不動産の場合には、「小規模宅地等の表加減の特例」もありますから、叔母様の金融資産が多額でない場合には、不動産について相続税をご心配なさる必要は無いように思います。
国税庁の当該特例のページです
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4608.htm

なお、叔母様が生前に何方かに贈与する場合の基礎控除額は110万円ですから
(贈与資産-110万円)×贈与税-税額控除=贈与税額
になります。

叔母様の相続開始に際し、ご質問にある何方かが土地を相続した場合には、贈与税ではなく相続税の対象になります。ただし、お母様以外の方に遺贈する場合には、遺言書で相続する方を指定されるようお勧めします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

土地の相続について、もっとも節税できる方法とは?

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/01/04 02:31

実母、叔母(実母の唯一の姉妹、未婚/子供なし)が50%づつ所有している土地(資産価値約3000万円)に叔母が祖父母(他界)が建てた家(資産価値なし)に住んでいます。
叔… [続きを読む]

35歳既婚さん (埼玉県/35歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

義理の母の遺産相続 tololokonbuさん  2010-06-11 19:15 回答7件
親の土地に二世帯住宅を建てた場合の名義について デコデコさん  2010-02-17 22:55 回答1件
相続時精算課税について kentyさん  2009-11-24 13:49 回答1件
贈与と税対策 BAROさん  2009-11-09 16:40 回答1件
死亡した父名義の家と土地について とむとむにーさん  2009-10-25 23:48 回答1件