今後の保険について - 大村 貴信 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
大村 貴信 専門家

大村 貴信
ファイナンシャルプランナー

- good

今後の保険について

2007/04/01 01:09

わんこおじさん さま

はじめまして、FPの大村です。

まず、必要保障額を算出しましょう。
今わかっているのが、あと5年で収入が減る可能性があるということですね。そして、末子のお嬢様が高校生ですが、今後の教育プランで何年後にご卒業、ご就職されるかです。そして生活費がどのような水準でいけるか?

これをシミュレーションしてみてください。
そして、優先順位を決めましょう。万が一の保障つまりご自分が病気や死亡するリスクを考えてお子さんの教育費や生活費、そして奥様へのその後の生活費等や老後のリタイアメントプランに対するものの中で優先順位を決めていきましょう。

するとどういう保険商品を使っていけばいいかが見えてきます。

総支払額を減らすのか、それとも当面の支払額を減らすのか等検討ができます。するとわんこおじさん 様にとって安い保険料が見えてくると思います。

そして、今の保険の満期を迎えるのがいくつかあるということですが、それは「満期」でしょうか?保険における「満期」の正確な意味は満期保険金がもらえる保険です。つまり、養老保険であるかです。払込満了を迎える「定期保険」や「更新時期をむかえる定期保険」の可能性もあります。

ぜひ専門家に見てもらってください。決してFPでなければ駄目とか生保の営業では駄目ということはありません。

もし、信頼の置けるFPや生保営業の方がいらっしゃったら診断してもらってください。

シミュレーション→現在の保険診断→結論がでます。

今までの保険で対応できるならそれを活かし、足りないものや無駄があれば修正し、ご家族を、ご自分を守れるリスクマネジメントができますことをお祈りしてます。

回答専門家

大村 貴信
大村 貴信
( ファイナンシャルプランナー )
イーエフピー株式会社 ファイナンシャルプランナー、相続FP

保険の目的は給付をもらうこと。だから一生のお付き合いをしたい

「保険は人間の気品の源泉である」と福沢諭吉先生が「西洋事情」という著書で紹介された保険は、誰かの役に立つ・愛のある商品です。貴い真心とゆうきをもって夢に向かってお客様と一緒に保険を設計してまいります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険料を安くするためには?

マネー 保険設計・保険見直し 2007/03/31 20:28

48才の会社員です。家内と大学と高校の娘がいます。
あと5年ほどで大きく収入が下がる見込みですが、
いくつかの生命保険の満期をむかえつつある今。
再度入ったり、継続する場合の留意点を教えてください。

わんこおじさんさん (埼玉県/48歳/男性)

このQ&Aの回答

保険料を安くするためには? 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2007/04/01 09:13
保険料から考えると失敗します。 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2007/04/01 11:01
見直しに当たっての留意点について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/04/01 13:31
これから5年が重要です。 大友 武(ファイナンシャルプランナー) 2007/04/01 18:13
まずは今後のライフプランの検証を 山本 俊成(ファイナンシャルプランナー) 2007/04/02 15:53
必要な分だけ 2007/04/02 19:36

このQ&Aに類似したQ&A

保険の加入を検討しています。 ブヒ子さん  2008-01-28 17:17 回答8件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険の見直しについて kazu5さん  2008-04-16 18:02 回答8件
必要最低限の保障に見直したい 611hさん  2007-11-08 19:32 回答7件