リフォームの内容を具体的に検討する必要があります。 - 佐々木 保幸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォームの内容を具体的に検討する必要があります。

2008/08/20 12:29
(
2.0
)

リフォーム工事の内容を個別、具体的に検討する必要があります。全体の金額のうち修繕費として必要経費に算入されるもの、減価償却資産として計上するもの、さらに減価償却資産の耐用年数について、建物本体と同じのもの、附属設備として用途に応じたものと区分することになります。

評価・お礼

chintai さん

御礼が遅くなり申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。

もう少し具体的に教えていただけるとありがたいと思いました。

回答専門家

佐々木 保幸
佐々木 保幸
( 京都府 / 税理士 )
税理士法人 洛 代表
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

戸建ての賃貸住宅(RC造り)の内装のみをリフォームしました。具体的には3階建てのうちの1,2階の内装を全て撤去して、間取りを変更しそれに伴いクロス、床も張替え、キッチン、風呂、ト… [続きを読む]

chintaiさん (岐阜県/40歳/男性)

このQ&Aの回答

耐用年数 2008/08/20 16:58

このQ&Aに類似したQ&A

2世帯住宅リフォームと税金について kknmtsさん  2008-04-23 18:50 回答1件
賃貸マンションの必要経費 ぽんさんさん  2015-04-29 22:56 回答1件
住宅リフォームに係る贈与税について。 グリーン139さん  2008-08-16 11:59 回答1件
平成21年度税制改正 住宅ローン減税適用時期について ぱっちゃんさん  2009-01-04 16:47 回答1件