警察に相談しましょう。示談は弁護人としましょう。 - 三森 敏明 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

万引き

回答数: 1件

脅迫

回答数: 1件

閲覧数順 2016年12月03日更新

警察に相談しましょう。示談は弁護人としましょう。

2008/07/16 13:44

 nextさん、こんにちは。弁護士の三森敏明です。

 被疑者が逮捕されたのでしたら、この時点で被疑者に弁護士が弁護人として選任されていることがあります。
 そこで、弁護人が付いているかどうかについて、警察に確認してみましょう。
 もし、被疑者に弁護人が付いていれば、その弁護人から示談交渉を持ちかけられることがあります。その際に、その弁護人に対してあなたの要望を伝えてみましょう。
 ただ、一般的に、引っ越し費用まで慰謝料の範囲には含まれません。
 だから、裁判をやっても慰謝料として引っ越し費用がもらえる、ということはないと思います。
 しかし、被疑者としてみれば、早く警察署の留置所などから出たい、そのためには被害者と示談することが一番いい、ということになりますから、弁護人から説得されて引越費用を出してくることも考えられます。

 次に、被疑者に弁護士が弁護人として付いていない場合はどうするか、です。
 このような場合は、警察官や検察官に要望を伝えると、特に検察官が被疑者に「弁護士をたのんだらどうか、今は当番弁護士という制度もあるから」などと、被疑者を諭して弁護人が付くことがあります。
 
 現在、被害者の保護やその納得なくして、刑事司法の適切な運用、被疑者自身の更生はないと考えられております。
 被害届をだして、自分の氏名や連絡先を伏せてもらいつつ、被疑者の弁護人と示談をするのが一番だと思います。

 頑張ってください。
 
 

回答専門家

三森 敏明
三森 敏明
( 弁護士 )
ヒューマンネットワーク三森法律事務所 所長弁護士

あたたかみのあるお付き合い。気軽に相談できる身近な弁護士

丁寧な説明と報告、依頼者の納得のいく解決を目指します。100%の力で、全身全霊を尽くして、問題解決に努めます。損害賠償請求事件、債務整理事件、債権執行事件、刑事事件など、あなたのお悩みが大きくなる前に気軽にご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

覗き目的の住居侵入

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2008/07/16 10:57

覗き目的の住居侵入の被害にあいました。
犯人は警察に捕まり、現在拘留中なのですが、
釈放されたあとが怖く大変不安に感じております。
犯人側の情報を一切知らされない中、この不安に耐えながらその後を過ご… [続きを読む]

nextさん (東京都/22歳/男性)

このQ&Aの回答

被害届け 2008/07/17 00:57

このQ&Aに類似したQ&A

遺産相続 遺言書の隠蔽について mayoibitoさん  2012-06-01 20:55 回答1件
調停に元嫁が来ない lemonpopoさん  2011-06-10 16:53 回答1件
万引き もかにゃんさん  2010-11-19 03:30 回答1件
離婚後の共有名義の土地建物(一軒家)の財産分与 stichi61さん  2010-07-21 00:03 回答1件
婚姻費用分担の申し立てについて milkteaさん  2010-06-24 12:44 回答1件