在宅と他で掛け持ちした場合 - 大黒たかのり - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

在宅と他で掛け持ちした場合

2007/02/15 14:25

優さん、こんにちは

現在の入力のアルバイトは家内労働者等の必要経費の特例として65万円の控除があるので結果として所得が生じない(60万円−65万円=△5万円)ため、税務署は申告の義務はないと回答したものと思われます。

さて、今後、月5万円のパートをはじめるにあたっての影響について回答したいと思います。

1.確定申告について
優さんの場合、在宅で60万円、パートで60万円、合計120万円の年収となります。65万円の控除と38万円の基礎控除の合計103万円を超えますので確定申告が必要となります。

所得税:(120万円−65万円−38万)×5%=8,500円

ちなみに
(1)年収100万円以下であれば、所得税・住民税共に非課税
(2)年収100万円を超え103万円以下であれば、所得税は非課税、住民税は課税
(3)年収103万円を超えれば、所得税・住民税共に課税

2.扶養控除について
年収103万円を超えますと配偶者控除は受けられませんが、年収141万円未満であれば配偶者特別控除が受けられます。優さんの場合、21万円の控除となります(年収によって控除額(3〜38万円)が違ってきます)。ただし、ご主人の年収が約1,230万円以下であることが条件です。
そのほかに、もしご主人が会社から扶養手当をもらっている場合、ケースによってはもらえなくなるかもしれません。これは会社に直接確認してみてください。

3.社会保険について
ご主人の扶養に入れるのは年収130万(月収約10万8千円)未満の場合です。これを越えてしまいますと優さん自身が国民健康保険と国民年金に加入する必要が出てきますが、年収120万円でしたら今までどおり、ご主人の扶養のままで問題ありません。


もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

在宅と他で掛け持ちした場合

マネー 税金 2007/02/14 14:03

現在、在宅で、月平均5万円程度の入力のアルバイトをしています。2年ぐらい前に税務署に問い合わせたところ、1社のみからの請負であれば、税務署としては申告の義務はないと言われ、特に申告はしていません… [続きを読む]

優さん (神奈川県/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

開業について(扶養の範囲内) エスケーさん  2008-07-09 22:44 回答1件
源泉徴収票の支払金額の期間について benkyochuさん  2013-08-26 14:52 回答1件
事業所得から給与所得への変更における税金について ヒガシさん  2010-08-28 13:13 回答1件
税制上と健康保険、社会保険の所得計算の違い bluemamanさん  2009-02-07 12:48 回答1件