安心してください - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

安心してください

2008/07/02 12:08
(
5.0
)

こんにちは、pookatudonさん。

コンサルタントの若宮光司です。

確定申告の申告期限は、毎年翌年の3月15日までとなっていますが、申告期限後でも申告書を提出することはできます。

申告期限後の提出は、提出することによって納税が生じるのであれば「無申告加算税」「延滞税」などのペナルティが発生してしまうことになります。
pookatudonさんの場合は、これから申告することによって税金が戻ってくることになるのでこれらのペナルティは発生しません。

安心して最寄りの税務署に書類を整えて申告に行ってください。

そうすれば、市民税・県民税住宅借入金等特別税額控除申告も提出することができます。

蛇足ながら国税庁のホームページ 住宅借入金等特別税額控除の該当ページのアドレスを下記に掲載しておきますので、今一度必要書類のチェックをしてください。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto303.htm

評価・お礼

pookatudon さん

若宮先生、丁寧なご回答ありがとうございました。

先生のアドバイス通り、役所に行って相談してみます。
先生のお問い合わせした区役所のような対応をしていただけることを願って・・・。

ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

市民税・県民税住宅借入金等特別税額控除申告を、自分は7/1〜の申告の対象と思っていたら、勘違いで、私は所得税の確定申告時に申告書を提出しなければならなかったようで、申告(H20.3.1… [続きを読む]

pookatudonさん (千葉県/31歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

配偶者特別控除の記入間違い レインデッキさん  2013-06-20 17:22 回答1件
独身・両親と同居、転勤後の住宅ローン控除について ねーむれすみやさん  2015-12-29 11:43 回答1件
退職所得について ことこさん  2008-08-20 18:52 回答1件
譲渡損失の繰越控除の手続きについて ピックさん  2008-03-09 19:41 回答1件